NCT 127 全員でビリビリ!科学でリアクションを学ぶ

芸能総合 公開日:2019/09/08 11
この記事を
クリップ

NCT 127が日本での更なる飛躍を目指し、日本について学んでいくスクールバラエティ番組「NCT 127 おしえてJAPAN!」の第2弾“Lesson2”。新たな先生役として“担任”を柴田英嗣、“副担任”を前回の特別講師から昇格した篠宮暁が登場する。

第3話では、「科学実験」を通してバラエティに不可欠なリアクション芸を磨く。特別講師にはサイエンスクリエイターの“善ちゃん”こと北沢善一が登場。

手始めに、「アルミ缶に触れずに道具を使って動かすには?」というクイズが出題される。さっそくヘチャンが、用意された様々な道具の中からA4用紙を選び、アルミ缶の下に差し込み転がしてみせたが、「科学じゃないよ!」とメンバーから突っ込まれ、善ちゃんからも「触っちゃダメです(笑)」と不正解のジャッジ。

善ちゃんが正解を見せ、アルミ缶が見事に動き出すと、メンバーからは拍手とともに「おおぉ~~!」と歓声が上がる。
「この空き缶が動いたのは何の力?」という善ちゃんの質問に「静電気!」とユウタが正解を即答。今回はこの「静電気」をテーマに色々な実験を行っていく。




まずは、先ほど使った風船に腕を近づけて静電気に“触れる”体験から。
次々とメンバーが静電気の独特な感触に驚きの声を上げる中、風船を頭にくっつけられたジャニーのオーバーリアクションに、先生陣は大絶賛。

次の実験では、命中したものに静電気を送り込むことができる「帯電ガン」が登場。
「パーティ帽子に静電気を放出するとどうなるか?」や「アルミカップを両手に持ち、静電気を流すとどうなるか?」というクイズが出題される。これらの実験ではメンバー自ら実験台となり、パーティ帽子の実験にはテイルが、アルミカップの実験にはユウタが身をもって体験するが、気になる実験結果は‥?

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)