NCT 127足つぼマットに絶叫!大運動会ついに決着

芸能総合 公開日:2019/09/02 15
この記事を
クリップ

NCT 127が日本での更なる飛躍を目指し、日本について学んでいくスクールバラエティ番組「NCT 127 おしえてJAPAN!」の第2弾「NCT 127 おしえてJAPAN! Lesson2」“Lesson2”の配信が開始。9月1日(日)より第2話が公開された。新たな先生役として“担任”を柴田英嗣、 “副担任”を前回の特別講師から昇格した篠宮暁が担当する。

第2話は『NCT 127大運動会』後半戦へ突入。
ここで白組に大幅リードされてしまっている赤組を励ますサプライズ応援団としてお笑いコンビ・きつねが登場。「声出して行こう!」と“パリピ漫談”を披露し大いに盛り上がる。
ライバル出現が面白くない篠宮は“パリピギャグ”で対抗しようとするが、思わぬハプニングが起こる。
応援により士気を上げた彼らが次に挑むのはムカデ競争。韓国にない競技で初挑戦とのことだが、このムカデ競争はなんと足つぼマットの上を必ず通らなければならないハードな仕様。




「大丈夫でしょ?若いんだから。痛くないでしょ?」と柴田が言うも「痛いですよ!」「怖い」と不安を口にする赤組。「痛いの好きです!」と謎のカミングアウトをしたジャニーは「それは言わない方がいい!」と柴田に止められる。

全員の足が結ばれムカデになってスタートすると、どちらのチームも掛け声に合わせ順調に進んでいくが、足つぼゾーンに入ると一変。「ギャアアァ!」「ワーー!」激痛に耐える絶叫が響き渡る。崩れる隊列を立て直し、接戦を制したのは…。

最終種目はパン食い競争。手を使わずにパンを食べてゴールするというシンプルなものだが、なんと6個中3個はワサビが入っている“ワサビパン”。普通のパンを引けるかどうかが勝負の分かれ目となる。
1戦目は赤組ヘチャン&テヨンvs白組ジョンウ&ジャニーの4人。
あっという間に食べ終えたジャニー、のんびりしていたジョンウをダッシュで抜かしたヘチャンの順でゴール。膝から崩れ落ちたテヨンはなんと3つともワサビ入りを引き当ててしまい4位となってしまう。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)