中島健人&菊池風磨、表紙の『anan』が発売日初日に緊急重版決定

芸能総合 公開日:2019/08/29 11
この記事を
クリップ

Sexy Zone中島健人菊池風磨が表紙を飾った女性グラビア週刊誌『anan』2165 号「相性(バディ)の化学反応」特集の緊急重版が決定した。





相性を生かして人間関係を築き、支え合うことで、2人組からは信じられないパワーが生まれる...。 『anan』初、1 対 1 の人間関係にフォーカス。ふたりの相性の可能性に迫る“バディ”を特集した今号。注目の特集の中で、表紙&巻頭グラビアに、Sexy Zone中島健人菊池風磨が登場。“ふまけん”の愛称で呼ばれ、ステージで対になってパートを担当する「シンメ」(※シンメトリーの略)として絶大なる人気を誇るふたり。

特集発表後、ネット書店では発売前に販売予定数に達し品切れ状態、書店、コンビニエンスストアでも発売翌日(8月29日)には、品切れ、品薄店が多数発生した。現在、書店からは追加注文が殺到するとともに、「購入できない」という声が多く寄せられている状況となっており、緊急重版が決定した。

『anan』は、週刊誌サイクルの中、重版決定後、約2週間後に書店に並び、次々号と同列販売となるため、 49 年の歴史の中で、2017 年までは、1回しか重版をしていなかった。近年、話題の方が話題のタイミングで登場した時の勢いが加速度的に増しており、2018年~2019年にかけて、相次いで“週刊誌重版”という掟破りが続いている。

今回の中島健人菊池風磨「相性(バディ)の化学反応」(2165 号/2019 年)は、 櫻井翔「オトコノカラダ」(1693 号/2010 年)、 King&Prince「最強の出会い」(2103 号/2018 年)、 SixTONES「色気の法則」(2145 号/2019 年)、 Snow Man「NEXTジェネレーション 2019」(2157 号/2019 年) に続き、5 度目になる。今回の重版分が店頭に並ぶのは、9 月 9 日頃を予定している。



Ⓒマガジンハウス