西島秀俊、パラアスリートへのインタビューに燃えすぎて「スイマセン」

芸能総合 公開日:2019/08/22 5
この記事を
クリップ

俳優の西島秀俊が22日、都内で行われた「WHO I AM シーズン4」のPR会見に上地結衣選手、ニコ・カッペル選手、木村敬一選手、松岡修造と参加した。




MC役の松岡から急遽、上地選手、ニコ選手、木村選手ら登壇したアスリートに対するインタビュアー役を託された西島だったが、各選手の背景やトリビアを交えつつスムーズに進行した。


ニコ選手には「選手としてはもちろん、市議会議員としても活動されています。選手として活動するだけでも相当なエネルギーを使うと思うけれど、市議会議員として社会を変えようと活動するエネルギーの源はなんですか?」などと聞き、上地選手には「周囲からのプレッシャーを感じないのは何故ですか?」と興味津々に質問していった。


西島の進行は熱を帯び、スタッフから時間終了を知らせるカンペが何度か出されると「え?何ですか?締める?」と指示に気づかなかったことに肩をすぼめて「ずっとカンペを出してくれていたと思うけれど、僕が見ていませんでした。…スイマセン」と照れていた。


世界最高峰のパラアスリートに迫るドキュメンタリーシリーズの第4弾。WOWOWで8月24日にスタートする「WHO I AM」(午前10:00)シーズン4では、車いすテニス・日本女子の上地結衣、男子100m 3連覇を狙うブレード王者ジョニー・ピーコック、東京パラリンピック新競技テコンドーで初代王者を狙うボロル・エルデネ・ガンバットら東京五輪にやってくる予定の世界メダリスト8組の姿に迫る。

この記事の画像一覧 (全 5件)