美形すぎる神尾楓珠、メイク施された自身の顔見て「エロくないですよね?」

芸能総合 公開日:2019/08/13 25
この記事を
クリップ

本日、俳優の神尾楓珠(かみおふうじゅ)が都内で行われた、トータルメイクアップブランド「コフレドール」PR担当就任発表イベントに出席し、ファンにサプライズでメイクをレクチャーした。


神尾が就任したのは、カネボウ化粧品のトータルメイクアップブランド「COFFRET D‘OR(コフレドール)」が、数量限定で発売した新商品「Twinkle Night Collection」のPR担当。


抽選で選ばれた50人のファンが見守るなか、神尾は登場すると「大変光栄です」と恐縮気味に語りつつも、「不安でもありますが、できるだけ多くの方にお届けできたらいいなと思います」と就任への意気込みを語る。さらに、集まったファンのなかから、1人を壇上に招くと、生でメイク診断結果をレクチャー。おススメのメイクアイテムを選択すると、神尾は「仕上げるときは思い切って、一気に伸ばしてね」とアドバイス。神尾は女性にメイク指導をすると「恥ずかしいですね、緊張しました」と苦笑いを浮かべるシーンも。


また、商品をPRするには「自分が知らなければダメ」ということで、プロのメイクアップアーティストに商品を使ってメイクを施してもらうことに。神尾は頬やリップにメイクをしてもらうと、手鏡で自分の顔をまじまじと見る。「すごい!」と声を上げると、ツヤツヤに仕上がった顔に「エロくないですよね?」と発言し会場を笑わせていた。




女性の「鼻」と「眉毛」をよく見てしまうという神尾。「横顔が好きなので、眉毛はしっかりしていて、鼻は高いけれど小さい人が好き」と語ると「あとはもみあげも好き。産毛を触りたくなってしまうんです」と顔のパーツへのこだわりを挙げていた。


神尾と言えば、菅田将暉が教師役として注目を集めた連続ドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」で、水泳部のマネージャー・真壁翔役をはじめ、ドラマ「都立水商!~令和~」や映画「うちの執事が言うことには」などに出演する若手注目俳優。「明確にこうなりたいというのはないのですが、自分らしくありたいという気持ちがずっとあるので、うわべだけでお芝居しないように心がけています」と強い視線を向けると「『3年A組』で一緒だった菅田くんは、あまり掛け合いがなかったので、もうちょっと近くでお芝居してみたいです」と語っていた。


この記事の画像一覧 (全 22件)