岩田剛典、永瀬正敏撮影の写真集にメンバー驚き「こんなことやっているんだ」

芸能総合 公開日:2019/08/05 9
この記事を
クリップ

EXILEと三代目J SOUL BROTHERSに所属するの岩田剛典が4日、都内で3年ぶり3冊目の写真集「Spin」(講談社)発売イベントを開催。写真集のカメラマンを務めた俳優・永瀬正敏とともに取材に応じた。


映画で共演したことをきかっけに親交を深め、岩田が30歳になった節目で写真集を作る企画が立ち上がった。岩田は「食事しながら出た話。それが実を結んで、構想から1年かけたプロジェクトなので出せて嬉しく思う。永瀬さんとこういう形で作品を残せて光栄です」と完成に喜び。永瀬も「グッときますね」と感無量だった。


“被写体”としての岩田の魅力について、永瀬は「今回、色んなシチュエーションで撮影をした。僕は多く説明する方ではないけれど、ちょっとキーワードを伝えると目の奥が変わる。言葉よりも目で表現できる人」と絶賛。また、素の岩田は「完璧にできた子ですね。礼儀正しいし、信頼関係ができたらさらけ出すこともできる。オブラート包まないところが皆に愛されるのでは」といい、「撮影がオールアップした日、僕がお礼をしなきゃいけないのに直筆の手紙とプレゼントをもらったのでうるっときた」と明かした。




褒め言葉に照れ笑いだった岩田は、“カメラマン永瀬”に「完全に世界観を作ってくれた」と感謝。「ポーズとかシチュエーションを作り込んでディレクションをしてくれたので僕も迷うことはなかった。すごくスムーズでしたし、永瀬さんがこの日のために準備を重ねて、ご自身の中でゴールが見えていた中での撮影で助けてもらいました」と振り返った。2人の信頼関係から誕生した写真集の点数は「300万満点」(永瀬)。岩田は「アザーカットだけでも2、3冊は作れる。写真集はその中から厳選したカットなので、ファンの方だけでなく、幅広い世代の方に見てもらいたい」とアピールした。


自信たっぷりの写真集は、グループのメンバーに手渡し済み。岩田は「挑戦したカットが多いので、『おー!こんなことやっているんだ』と言っていました。驚いていましたね。HIROさんからはシンプルに『おめでとう』って」と周囲の反応を語った。今回は写真集の共同制作だったが、永瀬との再共演は「どんな役でもいいが、願わくばバディを組む役がいい。そういう作品に出会えたらいい」と希望した。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連記事