高橋一生、“マンガ愛”語る「寄り添ってくれた存在」 好きな作品も紹介

芸能総合 公開日:2019/07/30 10
この記事を
クリップ

俳優の高橋一生が30日、都内で行われた「コミックシーモア」新CM発表会に出席した。「自分にとってマンガは大事なもの。寄り添ってくれた存在」という高橋。その愛は「週刊少年ジャンプ」(集英社)に夢中だった少年時代より培われており、懐かしそうに当時の思い出を語った。


「週刊少年ジャンプ」の発売日となる月曜日には「こぞって走って早く売っているところを探した。『あれ、見た?』とか内容の話をしていましたね」と回想。掲載作品は「いまだに好き」だが、特にお気に入りは「ドラゴンボール」「ジョジョの奇妙な冒険」のようで「フリーザ編はずいぶん戦っていましたね。すごく興奮するんですよね。何が起こるのか待っている間も楽しかった」とほほ笑んだ。




人生を変えたマンガを聞かれると、「『寄生獣』の岩明均さん、『ジョジョ』の荒木飛呂彦さん、『ドラゴンボール』の鳥山明さんの作品は僕を勇気づけてくれた。いま、改めて読んでも哲学的なことが盛り込まれている」と告白。また「コマとコマの間、実際どういう動きをしているのか、自然と想像力が培われている。マンガがなかったら、お芝居をするとき、こうしてみようという機転もなかったかも。1つひとつの作品が自分の血肉になっている」と演技への影響も明かした。


現在放送中のドラマ「凪のお暇」(TBS系)もコナリミサト氏によるマンガが原作。高橋は、ヒロイン・凪(黒木華)に対して高圧的な態度で接するが、本当は凪が好きで仕方がないという慎二を演じている。「コナミさんはかわいらしい絵柄。実際に演じると、結構ヘビーなシーンもあるけどマンガだとライトに伝わる」と分析していた。


7月31日より全国で放映される新CMでは、女性を癒やす“精霊”を演じた。精霊役は「役者人生で初めて」で、「精霊は待っている存在。あまり押し付けがましくなく、ふと気付いたらそこにいる…という距離感をとても大事にしました」と語った。

この記事の画像一覧 (全 30件)