NCT 127 いいねが欲しい!“映える写真コンテンスト”に挑戦

芸能総合 公開日:2019/07/07 8
この記事を
クリップ

NCT 127の新冠番組「NCT 127 おしえて JAPAN!」は、NCT 127のメンバーが日本での更なる飛躍を目指し、日本について学んでいくスクールバラエティ。メンバー9人が“生徒”となり、アルコ&ピース平子祐希が“担任”、酒井健太が“副担任”としてMCを務める。

第5話のテーマは“映える”。「いいね」を集めて人気者になるためSNS映えする写真を撮影するコツを学ぶ。


1つめの実技テストは “映える写真コンテンスト”。
メンバーがこれまで写した写真の中から“映えている”渾身の一枚を披露して勝負する。
最初の写真は赤が鮮やかな苺のショートケーキが並んだ1枚。撮影したドヨンは、差し入れでもらったケーキを「いちごがすごく可愛くて撮ったんです」と説明。教師陣より「かわいいじゃん!」「撮り方もいい」と高評価を得る。




ヘチャンが発表したのはごく普通の住宅街の道路の写真。原宿だというがあまりに質素な風景に平子から「原宿…?」と疑問の声が上がる。実は別の下町で撮ったものだった。
また他のメンバーが景色や桜の写真を披露する中、ひとりだけテーマを勘違いしていたジョンウは恥ずかしい(?)写真を出してしまい、慌てる場面も。

2つめの実技テストはチーム戦。テーマは“仲良し映えする写真”。
ヘチャン&テイル、マーク&ジョンウ、ジャニー&ユウタ、ジェヒョン&テヨン&ドヨンの4チームに分かれて競い合う。
ヘチャンとテイルは意外にも(?)センスのあるおしゃれな仲良し映え写真を発表。1つめの実技テストの評価があまりふるわず居残り候補となっていた二人は「ちょっと(予想していたのと)ちがう!イイ!」と平子に褒められ小躍りして喜ぶ。しかしメンバーからは、「仲良くみえない」など賛否両論。
ジャニーとユウタは“友達とこれから遊びに行く感じ”をテーマに撮影。カバンの持ち方にもこだわったといい「ユウタの帰宅部感がすごい」「ゲーセン行きそう」と学生の日常のひとコマを見事に表現した1枚となった。

メンバーが撮影した個性が光る写真の数々はぜひ本編でご覧あれ。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)