松本潤が未来を見据えた発言、表現者としての姿勢が紐解かれる

芸能総合 公開日:2019/07/03 6
この記事を
クリップ

本日7月3日発売の「TVガイドAlpha EPISODE V」(東京ニュース通信社)表紙に松本潤が登場している。




写真集のようなビッグサイズの判型が好評を博している「TVガイドAlpha」。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、新装刊から2号目となる今号はそれぞれが「V」で始まる言葉にちなんだエピソードを届ける。

「EPISODE V」の表紙・巻頭を飾る松本潤は、NHK総合で7月15日(月)に放送される「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(NHK総合)で初の本格的な武士役に挑戦する。今作で演じる松浦武四郎は幕末の蝦夷地を調査し北海道の命名者となる人物だが、その人生はまさに波乱万丈。松本はそんな彼の生き様にひどく刺激をもらったという。

インタビューテーマは“Voyage=旅、航海”。人生を“旅”に例え、さらに武四郎が実際に旅人であったことにちなんで掲げたこの言葉から、松本の表現者としての姿勢を紐解いていく。

さらに、「世の中の価値が変わり、新しいムーブメントはまた起こる」と、エンターテインメント界の荒波に船を漕ぐ一人として未来を見据えた発言も。ブレない“歩み”で突き進んできた松本は、一体この先どんな人生の旅路を思い描くのだろうか。

また、続くグラビアには「THE MUSIC DAY」7年目の総合司会を務める櫻井翔が登場。“Vibrant=響き渡る”をテーマに、番組司会者として、デビュー20周年を迎えるというアーティストとして、時代を超えて響き渡る音楽をたくさんの人の心に届ける真摯な思いを聞いた。

さらに今号には、5人揃ってのプレミアムグラミアも掲載。7月、8月に放送される「2020スタジアム」に向けて、そして“今”という時に、どのように“Versus=対峙”しどのような思いを抱いているのか、それぞれの心境が明かされる。

そのほか、中丸雄一、増田貴久、SixTONES、Travis Japan、美 少年、田中圭、佐藤健、菅田将暉の特別グラビアも。今年3月より全国をまわったNEWSのライブツアー「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」リポートでは、4人が作り出した空間を臨場感溢れる美しい写真で振り返り、“色褪せない”記憶をたどる。


■「TVガイドAlpha EPISODE V」
発売日:7月3日(水)※一部、発売日が異なる地域あり
定 価:本体824円+税
表 紙:松本潤

(C)東京ニュース通信社


【関連商品】