藤木由貴「皆さんのことを思い浮かべながら」初トレカで生キス500回

芸能総合 公開日:2019/06/29 7
この記事を
クリップ

2015年にレースクイーンとしてデビューした藤木由貴。2017年の日本レースクイーン大賞では大賞を含む5冠を達成し、“史上最高にかわいいレースクイーン”との異名で圧倒的な人気を誇った。残念ながら2018年の活動でレースクイーンを卒業したが、近年のレースクイーン界を牽引してきた存在でもある。そんな藤木がFLASHトレカシリーズ第3弾『藤木由貴』(ヒッツ)をリリース。その発売記念イベントが29日、東京・秋葉原の書泉ブックタワーで開催され、トレカの見どころなどを語った。




藤木にとって初めてとなるトレーディングカード。「凄いな~と本当に思いました。自分がカードになるなんて思ってもいなかったので、本当にビックリしましたが、出来上がりを見て本当に嬉しく思いました」と初めてのトレーディングカードに笑顔を見せていた。

ロケ地は千葉の館山。「2月の撮影でしたが、館山では日本で一番早く桜が咲いていました。もう咲いているんだ!とみんなでビックリしたんですが、撮影が終わった後にみんなでお花見をしました(笑)。撮影の時間よりも、スタッフの皆さんとの思い出が印象に残っています」とロケを楽しんだという。撮影スタッフと和気あいあいとしながら撮影したというトレーディングカードは、ビキニやランジェリー姿、さらには特典カードとして生キスや自撮りなど、様々なカットが掲載されている。「撮影した場所が旅館で雰囲気もよく、畳の部屋もあって和のテイストという印象があります。そういった中で撮影したので、一緒に彼女と旅行にいった思い出としてカードを見ていただければ、楽しんでいただけると思いますよ」と説明してくれたように、今回のトレーディングカードは藤木と旅行気分を味わえる内容のようだ。

オススメは「桜のカットもそうなんですが、和室で撮影したシーンでは、一緒に寝て起きてみたいな感じなので、一緒に旅行に来ている雰囲気があります。それとは逆に水色のビキニのカットは爽やかな感じなので、ギャップを楽しんでもらえると思いますよ」とアピールした。

特典カードとして自撮りカードや生キスカードといったスペシャルなカードも。「SNSの発達で自撮りも多いんですが、トレカで自撮りって珍しいと思うんです。なので普段の自撮りより緊張してしまい、うまく撮れているのか心配ですね(笑)」と自撮りの出来は不安だとか。また、生キスカードは500枚ものカードにキスをしたとか。「カードにキスしたのは初体験で。500枚は唇が荒れました(笑)。でも、リップを何色にしようかな?とか皆さんのことを思い浮かべながらキスをしました。もう一生分のキスをしましたよ」と振り返った藤木に「プライベートではどのぐらいキスをした?」と報道陣が問うと「こっちの方が多いですよ。その4分の1ぐらいですかね(笑)」と明かしていた。

昨年末は初めての写真集にカレンダーをリリース。そして今年は初DVDと、グラビアの活躍が目立つ藤木。「また写真集を出したいと思っています。毎回言っていますが、割と笑顔が良いと言っていただくことが多いので、そういうところを伸ばし、笑顔を絶やさず撮影を楽しんでいきたいと思います」と抱負を。また、今年の夏にプライベートでしたいことを「富士山に登ること!」といい、「地元が静岡なのに一回も富士山に登ったことがないんです。だから今年こそそれを叶えようかと。7月ぐらいから登山シーズンが始まるので、来月の末には何かの形で感想を言えたらいいなと思っています」と約束していた。


   



この記事の画像一覧 (全 29件)

関連タグ