中村倫也、女子衆に囲まれる役柄に「そわそわしちゃう」

芸能総合 公開日:2019/06/26 18
この記事を
クリップ

東京シティ競馬(TCK)のイメージキャラクターを務める俳優の中村倫也が26日、東京・大井町競馬場で行われたトークショーに出席した。


この日のイベントはファンも見学できるとあって女性を中心に大勢の人が会場に駆けつけた。中村倫也が登場すると黄色い歓声が飛び、「すごいですね、こんなに人がいっぱいいるの久しぶりに見た」と本人も興奮気味だった。


撮影で競馬場を訪れたことはあるが「競馬のレースを見るのが初めて。馬券を買うのも初めてなので今日はワクワクしている」とにっこり。自身の名前が付いたレースの実施には「生まれたときはそんなこと予想だにしていなかったので、ちょっとだけこっぱ恥ずかしい気持ちがあった。でも楽しく見させていただきました」と感想を述べた。


TCKのイメージキャラクターは中村のほか、賀来賢人大谷亮平も起用されている。2人の印象を聞かれると「賢人は長い(付き合い)というか、お互い10代の頃から知っている。相変わらず2人でダラダラくらだないことをくっちゃべったりして」といい、「大谷さんは以前も共演させていただいて。たぶん本人自覚ないのですがちょっとだけ天然気味なので話しているとクスッと笑える」と明かした。




CMでの役柄は「女子衆に囲まれている。ちょっと遊び達人という感じ」と紹介し、「まぁ気持ちが落ち着かない、照れて。それを賢人が茶化して…。夜編になると僕のことを囲んで、しかも近いんですよ。そわそわしちゃう。緊張しますよね」と照れていた。


最後に、トークショー後にスタートする2019年上半期のグランプリレース「第42回 帝王賞」の本命馬を聞かれると「スーパーステション。レース展開が変わるんじゃなかという期待を込めて」とコメント。司会者から「中村さんの推し馬の馬券、みなさん買われるのでは?」と声をかけられると、「一緒に応援していただいて」と呼びかけていた。

この記事の画像一覧 (全 28件)