丸山桂里奈、大好きなみやぞんとの海外旅行は「そそり立った壁か崖」を希望

芸能総合 公開日:2019/06/19 5
この記事を
クリップ

なでしこJAPAN丸山桂里奈が19日、都内で行われた「エアトリ杯~格安航空券de夏休み~」イベントに、お笑いコンビANZEN漫才みやぞんあらぽん)と参加。「アジア圏はパスポート不要」と思い込んでいた過去を告白した。




海外旅行時のハプニングを聞かれた丸山は「若い頃に日本と韓国は漢字を使うから同じだと思い込んでいた。韓国にサッカーの遠征で行くときにパスポートはいらないと思って持っていかなかった。それで行けなかった遠征がある。当時は、アジア圏は仲間という意識でした」とド天然すぎる過去を明かした。


この日共演したみやぞんとは、登山をしたりLINEを交換するなど仲がいいそうで「みやぞんさんは見るからに元気で、よく『元気玉をもらいました』とか『元気玉をあげます』とか言うけれど、そうじゃなくて、みやぞんさんは元気玉なんです。玉なんです」と持論展開。


みやぞんとの海外旅行を勧められると「みやぞんさんはそそり立たれているので、世界遺産のそそり立った壁やそそり立った崖などに行きたい」とよくわからないことを言い、みやぞんから「そそり立つ壁って『SASUKE』ですよね。それはTBSですよ」と冷静に訂正されていた。

この記事の画像一覧 (全 5件)