NCT 127新冠番組で“新自己紹介”に挑戦、居残り授業となったのは…

芸能総合 公開日:2019/06/09 33
この記事を
クリップ

NCT 127の新冠番組「NCT 127 おしえてJAPAN!」は、NCT 127のメンバーが日本での更なる飛躍を目指し、日本について学んでいくスクールバラエティ。配信開始前よりすでに「待ち遠しい!」「楽しみすぎる」等の盛り上がりを見せていた番組がついにスタートした。


制服姿のメンバー9人が“生徒”となり、アルコ&ピース平子祐希が“担任”、酒井健太が“副担任”としてMCを務める。
記念すべき第1回目の授業テーマは“自己紹介”。
特別講師として1000以上のギャグのレパートリーを持つというオジンオズボーンの篠宮暁が登場、“ダジャレのスペシャリスト”として各メンバーのために考えたインパクトのある自己紹介を伝授するという。実技テストを行い、最も成績の悪かったメンバーには“居残り授業”が待っている。

トップバッターは最年長のテイル。テイルのために篠宮が考案したのは日本ではおなじみのとあるアニメの名セリフを取り入れた自己紹介。

まずは篠宮がお手本で実演すると、リズムとダジャレが揃った想像以上のクオリティに「わお!」「すごいー!」と盛り上がる教室。酒井に「できる?」と問われ、苦笑いしつつもはっきりと「できます!」と答えるテイル。果たして、その出来は…。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)