Travis Japan 広告初登場、小手伸也とフォーメーションダンスを披露

芸能総合 公開日:2019/06/06 8
この記事を
クリップ

俳優の小手伸也と、ジャニーズ Jr.の7人組ユニット「Travis Japan」が出演する、サントリー食品インターナショナルの新商品「オランジーナ100」のWEB動画「朝から青春」篇が、6月11より公開される。

今回のWEB動画で主人公を務めるのは、長い下積み時代を経た昨年、数々のドラマに出演し、一躍“シンデレラおじさん”としてブレイクした俳優の小手伸也。一度見たら忘れられないインパクト抜群の佇まいと、包み込むような優しさがにじみ出る笑顔、老若男女に愛される魅力的なキャラクターは、働く人たちをターゲットにした新商品の“顔”としてぴったりの存在。本動画では、朝のコンビニで買った「オランジーナ100」を飲んだ瞬間、高校時代にタイムスリップするサラリーマンを演じる。

また、高校生に逆戻りした小手伸也のクラスメートを演じるのは、広告初登場となるジャニーズJr.の7人組ユニット「Travis Japan」。大勢のグループがひしめき合うジャニーズ Jr.の中でも、特に注目度の高い彼らの持つ、明るく、エネルギッシュで、生き生きとしたキャラクターを新商品の化身に見立て、「オランジーナ100」を飲む人が学生時代のような有り余る元気を思い出し、一日の活力にしてほしいというメッセージを表現した。



動画の一番の見どころは、軽快なミュージカル調で展開される小手伸也と Travis Japan のコミカルな掛け合いと、8人の息がピタリと揃った圧巻のフォーメーションダンス。詰め襟の学生服を着こなし、20歳以上も年の離れたメンバーたちと演じる高校生役を、違和感なくこなす小手伸也の名演技と、持ち前の強い団結力と高いダンススキルを活かした、Travis Japan のダイナミックなパフォーマンスにご注目いただきたい。


収録日当日は、Travis Japan の広告初登場を祝福するかのような絶好のロケ日和。Travis Japan のファーストカットは、動画の終盤、通りの向こうから小手伸也を7人で見守るシーン。当日は朝から青い空が広がるポカポカ陽気で、グループの記念すべき広告初登場にふさわしい、絶好のロケ日和となった。メンバーは現場に入るやいなや、「おはようございます!」「よろしくお願いします!」と大きな声で監督、スタッフと挨拶を交わし、颯爽とカメラ前にスタンバイ。全員集合のカットに続く、「ナチュラルに、生きよう」というキャッチコピーを見事に体現した自然体のお芝居で、またたく間にOKテイクを獲得していた。

母校の廊下で「しーんやっ」と呼ばれた小手伸也が、Travis Japan と初めて顔を合わせるシーン。本番は「えっ…」と振り向いたところで、次のカットに移るが、アイドルグループの7人が放つ独特のオーラに圧倒されたのか、小手伸也が思わず「友達が全員、イケメン過ぎるだろう」とツッコミを入れる場面があった。あまりにも的確な指摘に、納得顔で頷くスタッフだったが、ここで監督から「小手さん自身も超イケメンのつもりで接してください」という指示が。すかさず小手伸也が「つもりで、って…」と応じると、現場のあちこちから楽しそうな笑い声が聞こえてきた。

本動画最大の見せ場となるフォーメーションダンスのシーン。Travis Japan は、それぞれの振付を入念にチェックし、時にはメンバー同士で「右足に重心を置いたほうが回転しやすいかも」「なるほどね」とやりとりを行うなどして、全体の精度を高めながら本番に備えた。この場面はダンスだけでなく、直前にバスケットボールのパス交換と、小手伸也に1人ずつ声を掛けていくお芝居もある、およそ1分間のワンカット撮影(長回し)だったが、メンバーの皆さんは終始高い集中力をキープし、ダイナミックかつ息ぴったりの振付を連発。グループの武器と語る“シンクロダンス”で、現場を大いに盛り上げていた。

一方、Travis Japanとともにフォーメーションダンスに臨んだ小手伸也。それまでに何度も廊下をダッシュしたり、階段を上り下りしたりするシーンが続いたことから、撮影前は「寄る年波には勝てませんね」と、体力的な不安を漏らしていたが、いざ本番が始まると、ダンスが得意なTravis Japan に負けじと、持ち前の役者魂を発揮し、毎回全力で取り組んでいた。決めポーズの位置や全体のバランス、腕の向き、角度など、細部にまで及んだ監督のこだわりで、最終的に10回以上のテイクを重ねたこのカット。OKが出た瞬間、ふぅーと一息ついた小手伸也は、「筋肉痛の予感しかしない」と自らの太ももをさすりながらも、その表情は充実感に満ち溢れていた。

高校生の小手伸也に、Travis Japan が声を掛けていくシーン。ここでは監督からメンバー1 人ひとりに対して、言い回しや表情などに関する細かい指示が出された。トップバッターの中村海人への「しみじみとしたニュアンスを込めてスピーディーに」という言葉を皮切りに、「面影があることに気付いてうれしくなる感じがほしい」(七五三掛龍也)、「ツッコミではなく、さりげない感じで」(吉澤閑也)、「伸ばす音をもう少し強調して」(川島如恵留)、「高校時代を思い出しながら」(松田元太)、「2つのセリフを両方同じテンションで」(松倉海斗)、「からかいからの笑顔がポイント」(宮近海斗)と続き、丁寧かつ的確な演技指導で、メンバーの個性と魅力を引き出していた。


ダンスを踊りながら、階段を下りてくるシーンの撮影前、小手伸也は空いている教室に籠もり、振付の先生のマンツーマン指導の下、ダンスの猛特訓を受けていた。本格的にダンスを習った経験はほとんどなく、「なんちゃってダンスなら得意なんですけどね」と語っていた小手伸也だが、レッスン用の大きな鏡の前で必死に練習してコツをつかむと、本番ではファーストカットからほぼ完璧な演技を披露。ぎこちなさがありつつも、そこがまたチャーミングで、体全体から懸命さが伝わってくる、味わい深いダンスに仕上がった。

コンビニのシーンのセッティング中、撮影を見学していた一般の方々と気さくに談笑していた小手さん。周りにゾロゾロ集まってきた子どもたちに、「えー、みんな僕のこと、誰だか知ってるの?」と尋ねると、笑顔の子どもたちから「もちろん!!」と元気よく返され、小手伸也もすっかり幸せそうな表情を浮かべていました。また、学校のシーンで共演した生徒役の皆さんからの人気も高く、待機場所の教室へ挨拶に訪れた時には、廊下にまで大きな歓声が響き渡る場面も。今をときめく“シンデレラおじさん”の人気ぶりが、至るところで垣間見えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)