2019年サンリオキャラクター大賞1位に関口メンディー歓喜「ハローメンディー、おめんでぃー!」

芸能総合 公開日:2019/06/04 7
この記事を
クリップ

2019年で34回目となるサンリオキャラクターの人気投票企画『2019年サンリオキャラクター大賞』の世界で一番速い結果発表として、6月4日11時からサンリオピューロランドにて結果発表会が開催された。

結果発表会では20位~11位までのランキング発表を行った後に、上位10位に入賞したキャラクターがピューロビレッジに登場。順位とともに名前を呼ばれたキャラクターたちは、それぞれに喜びを表現し、来場したファンたちからは声援があがった。
栄えある令和最初の『2019年サンリオキャラクター大賞』、堂々の第1位は「ハローキティ」となった。中間発表1位からそのまま逃げ切り、6年ぶりの1位に返り咲いた。優勝にあたり、ハローキティは「自身の45周年の今年、またこんないっぱいのカワイイ仲間がいる中、1位になることができて、本当に嬉しいです。応援してくれたすべての皆さんに感謝です」とコメントした。2位には、昨年、一昨年と2連覇が続いていた「シナモロール」、3位には毎年上位に入賞している「ポムポムプリン」が続いた。




また、同時開催した『2019年サンリオキャラクター大賞コラボ部門』から、1位に輝いた「ハローメンディー」の応援としてEXILE/GENERATIONSfromEXILETRIBEの関口メンディーも出演。「ハローキティ」からお祝いの花束を受け取り、お互いの健闘を讃えあった。関口メンディーは「本当に1位を取れるとは思っていなくてすごく驚いています。ファンの皆さんはじめ、GENERATIONSやEXILEの先輩方、後輩もこうして盛り上げてくれてすごく嬉しいです。ハローメンディーにもっと人気になってほしいです。ハローメンディー、おめんでぃー!」と喜びのコメント。

さらに、今回は2つの特別賞が設けられた。昨年と比較して大幅に順位がアップしたキャラクターに贈られる『ホップステップジャンプ賞』は、デビュー4年目の「こぎみゅん」が受賞。こぎみゅんは昨年28位から、今年は19位へランクアップ。本人も「ほんとうに、ありがとみゅん」と喜びを隠せない様子だった。次に、TikTokクリエイターとして今後の活躍が期待できるキャラクターに贈られる『TikTok賞』は、「まるもふびより」のモップが受賞した。「まるもふびより」のモップはわずか15秒の動画なのに寝てしまうという堂々たるTikTokerぶりを評価され、今回の受賞にいたった。

約60年に渡りカワイイを発信し続けてきたサンリオ。「新しい時代の幕開けとともに、キャラクターの新しいカワイイを見つけて欲しい」というメッセージが込められていた今年のキャラクター大賞だが、長く愛されているキャラクター「ハローキティ」の6年ぶり王者奪還という非常にドラマチックな結果となった。公式サイトでは、『2019年サンリオキャラクター大賞』の全順位、『2019年サンリオキャラクター大賞コラボ部門』の第8位までの順位が発表されている。


公式サイト:https://ranking.sanrio.co.jp/ 

この記事の画像一覧 (全 9件)