「ニコニコ超会議2019」平成の終わりに“ラスボス”小林幸子が降臨

芸能総合 公開日:2019/04/27 8
この記事を
クリップ

平成最後の大文化祭「ニコニコ超会議2019」。期間中となる4月27日(土)・28日(日)の2日間は、幕張メッセから熱い熱いお祭り模様がこれでもかと届けられる。




今年の開催は「同じってうれしい。違うってたのしい。」のキャッチフレーズ、そして「平成最後」「令和へ」との裏テーマもあり、盛り上がりもひとしお。そんな「ニコニコ超会議2019」初日の話題を大きくさらったのは、我らが“ラスボス”小林幸子に他ならない。

午前中より「平成最後の漢字一文字」を書で披露ということで大きな注目を集めると、当初は「こんな大勢の前で字を書くの始めて」「着物に墨が飛んじゃったらどうしよう」と不安な気持ちを語っていたが、一度筆を握ると一変、渾身の書で「幸」の一文字を披露した。

もちろん小林幸子の幸でもあるのだが、ニコニコ動画に知り合えた幸せ、そして自分の子どものようなニコニコ動画にいる仲間たちとの出会い、そんなみんなと一緒に生きていける幸せ、このような思いが込められたという。

イベントの最後には「生まれたからには、みんな幸せにならなければならない。誰にでも幸せになる権利がある。理不尽なことがあっても夢をあきらめず前を向いて進んで欲しい」と力強いメッセージが、愛すべき“ニコ厨”たちに送られた。

そして初日ラストには平成最後を艶やかに彩る、ラスボスのラスボスたる所以!約3.5メートルという巨大衣装のお披露目も。衣装のテーマは、夜桜を照らし焚かれる篝火…サイリウム&LEDを纏った“最終形態”「ヲタ芸」と織り成すスペシャルショーケース『花KAGARI』。「ラスボス」コールと共に登場となった小林幸子さんの歌声が響き渡ると…、衣装の存在感だけでなく歌声、そして会場との一体感共に圧巻。光とヲタ芸の共演、美しくそして大きい!さらに詰め込まれる平成という時代がインターネット発として生んだ名曲『千本桜』が選曲されるメッセージ性。どれをとっても素晴らしい演目となり、見るものを圧倒してくれた。

「みんなひとりぼっちだったとしても、ここで会えばもう友達。そんな素直な笑顔を見て“これなんだな。良さって”」とニコニコ超会議の魅力を語り、令和に向けては「まだまだ頑張りますよ!精一杯歌わせていただきます。ニコニコ動画共々よろしくお願いいたします」と締めくくってくれた。

やはり歌の力だけでなく書や言葉でも圧倒的なパワーを見せつけてくれた我らがラスボス小林幸子。「令和もみんなと共に歩んでいけたら」とのメッセージも発信された。

この記事の画像一覧 (全 5件)