“神ボディ”佐野ひなこ、キュートな笑顔&痛快エピソード披露

芸能総合 公開日:2019/04/25 46
この記事を
クリップ

佐野ひなこが表紙を飾る、無料で読める旅行電子雑誌「旅色」2019年5月号と、和歌山県湯浅町とタイアップした特別編「旅色 -湯浅町[和歌山県]-」(ブランジスタ)が公開された。

愛くるしい顔立ちと豊かな表情、“神ボディ”と称えられる完璧なプロポーションが魅力の、佐野ひなこ。休みが1日半とれたら、一人でも臆さず、仕事終わりにパッと新幹線に飛び乗って旅に出たり、時にはホームシックならぬ“トリップロス”になってしまうほど、無類の旅好き。

「旅色」2019年5月号のインタビューでは、「行きたい場所はいつも頭の中にストックしてあります」という佐野ならではの、さまざまな旅のエピソードを明かしている。次々と飛び出す国内外の旅の話は、人柄を表すパワフルなエピソードばかりだ。

最近恒例になっているという友人との海外での年越しや、国内外を問わず一人でも旅に出てしまう旅好きなエピソードはもちろん、最近日本酒に目覚めたり、NHK Eテレの語学番組で取り組んでいる、意外と乗り気になった中国語の勉強などについても語っている。

特別編では、佐野が湯浅町の魅力を案内する。




醤油発祥の地として日本遺産にも認定された湯浅町で、醤油醸造の伝統とともに受け継がれる醤油蔵で櫂入れ体験や醤油のテイスティングを楽しんだ佐野は、「歴史を知ると旅がもっと楽しくなる」「醤油の口あたりがさまざまで、料理に合わせて使い分けるというのは目からウロコ!」とチャーミングな笑顔を見せてくれている。また、醤油ソフト、特産のしらすを使った生しらす丼や、ふるさと納税でも人気の旬の果物と完熟フルーツのジェラートを食したり、そのほか初めてシーカヤックにも挑戦したりと、湯浅町を堪能した様子がうかがえる。

スペシャルムービーも同時公開中。「旅色」のウェブサイトや湯浅町ホームページからもご覧いただける。

その他、「コンフィデンスマンJP」の映画公開を5月に控えた、東出昌大のスペシャルインタビューを掲載。映画の舞台である香港では、ミルクティーやタピオカ入りミルクティーにはまり、ロケ中に何杯も飲んだとか。いずれは世界一周旅行をしたいという東出に、旅に出たくなる本と映画について聞いている。こちらもぜひチェックしてみよう。

この記事の画像一覧 (全 26件)