上白石萌歌「VOGUE GIRL」撮影でピアノをさらっと弾いてしまう

芸能総合 公開日:2019/04/16 3
この記事を
クリップ

インターナショナルなモードやトレンドに敏感な女性たちに、スタイルを持った生き方を提唱する新世代WEBマガジン「VOGUE GIRL」(コンデナスト・ジャパン)のカバーガールに上白石萌歌が抜擢された。




ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)で一躍ブレイクし、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した注目の新人女優、上白石萌歌。「ニューベーシック」をテーマに、トレンチコートやジャケット、デニムなどの日常のアイテムにモードなスパイスを加えたスタイルに挑戦。グッチやプラダ、サンローランなどの一流ブランドを着こなし、クールな一面を披露した。

「GIRL OF THE MONTH」の撮影を振り返り、上白石萌歌は「今日はニューベーシックをテーマに撮影をしましたが、全然媚びてなくて、かつ女性らしさやクールさ、ワンポイントのアクセサリーでゴージャスさもあって、ポイントポイントがとてもおしゃれなファッションでした。春の着こなしにぜひ取り入れてみたいです。」とコメント。また、撮影に参加した『VOGUE GIRL』エディターは「チャーミングさと凛としたハンサムな表情で、ニューベーシックを魅力的に着こなしていたのが印象的でした。ピアノを使った撮影でしたが、さらっとお気に入りのクラシックの曲を弾いてしまう多才ぶりに撮影スタッフも魅了されました。」と語った。

また、「VOGUE GIRL」恒例のムービー、「90秒チャレンジ」では、今春気になるファッションや好きなタイプなど気になる質問に90秒で可能な限り答えている。


VOGUE GIRL PHOTO:SOPHIE ISOGAI(KIKI INC.) © 2019 Condé Nast Japan. All rights reserved.

関連タグ