湊かなえ原作ドラマ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」に足立梨花、倉科カナら参戦

芸能総合 公開日:2019/04/16 3
この記事を
クリップ

WOWOWで今夏より放送する「連続ドラマW湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」。発表済みの寺島しのぶに続き、注目の各話の主演キャストが発表された。同作の原作は、人気作家・湊かなえが、母と娘の関係を軸にしながら人間の情念を抉り取るように描き、第155回直木賞候補作ともなった短編集「ポイズンドーター・ホーリーマザー」。全6話の各話に“ポイズン(毒)”を抱えた女性たちが登場する。




第一話「ポイズンドーター」、第二話「ホーリーマザー」では、寺島しのぶ演じる過干渉な 母・佳香と、足立梨花演じる逆らえない娘・弓香が2話を通して対峙する。そして、第三話 「罪深き女」では清原果耶がすべては自分のせいだと信じ続ける幸奈を、第四話「ベストフレンド」では中村ゆりがライバルに嫉妬心を燃やしながら脚本家を目指す涼香を、第五話「優しい人」では倉科カナが優しすぎて殺人を犯してしまう明日実を、第六話「マイディアレスト」では伊藤歩が奔放な妹と対照的に愛猫だけに心を開いて生きてきた淑子をそれぞれ演じる。原作のキャラクターの再現を重視した企画性の高いキャスティングが実現した。


同作では、主演以外にも各話に一癖も二癖もあるキャラクターたちが登場。「ポイズンワールド」で豪華競演を果たす総勢数十名以上の実力派俳優が今後、随時発表されるのでお楽しみに。


足立梨花コメント>

台本を読んだ時、すごく面白いなと思ったのと同時に、これを自分がやることになるんだというプレッシャーも感じました。寺島さんの娘役、そして一、二話という大事な話数、表題のお話。不安で仕方ありませんが、頂いた弓香という役を自分なりにやり切ったと思います。寺島さんとのバトルにも注目してほしいです。そして見てくださった皆さんがなにか考えるきっかけになったり、親に連絡してみたくなったり、ドラマから影響を少しでも受けて頂けると嬉しいです。

清原果耶コメント>

天野幸奈役で出演させて頂く、清原果耶です。撮影中は異世界にのめり込んだような、そんな感覚でした。ずっとずっと彼女“らしさ”を探していたのですが、未だにこれだ、と断言出来る要素を言葉にすることが出来ません。ですがただ一つ言えるのは、きっと彼女もこの世界のどこかに存在していて生きているという事。リアリズムを常に掲げ、キャスト・スタッフの皆さんとぶつかり合いながら作り上げました。楽しみにしていて下さると嬉しいです。

中村ゆりコメント>

今回私がどの話をやらさせて頂くかわからない段階で、湊かなえさんの原作を読ませて頂き、各エピソードの魅力的で面白い視点に、夢中になりました。このベストフレンドという、ライバルに心を燃やす役を演じさせて頂き、誰もが何か頑張っているからこそ抱く、劣等感や不甲斐なさ、悔しい思いに素直に共感しました。そんな自分では醜く思えるような部分を滝本監督はとても無垢なものとして捉えて撮ってくださったように思います。

倉科カナコメント>

「世の中は全体の一パーセントにも満たない優しい人の我慢と犠牲の上において、かろうじて成り立っているのだと思います」原作のこの言葉がとても印象的で、実際に撮影していても、とても苦しかったです。自分の意志や感情も押し殺し全て呑み込んで行く、呑み込んだものはどこにいくのか?吐き出したいけど、吐けず、役で居ることが辛かったです。全体の一パーセントにも満たない、優しい人は踏み潰され、気づかれず、当たり前のように世の中は回っていく孤独を感じました…。そして優しさってなんなんだろうって、私自身も思わず考えてしまいました。本当に毒々しいドラマだな…完璧に清い人なんているのだろうか?って私は思います。毒があるからこそ生々しい、寧ろ美しく、魅力的、この作品は私達の大好物の作品です。

伊藤歩コメント>

この作品の世界観が大好きで、オファーを頂けて本当に嬉しかったです。「マイディアレスト」に出演しますが、台本を頂いた時から、演じる淑子が輝くために何をしたらいいかということばかりを考えていました。とても愛着のある役を演じることができて、とても幸せな時間を過ごすことができました。一話一話濃厚な作品が詰まっています。一瞬一瞬に想いを込めて演技をしているので、是非、皆さんに見て頂けたら嬉しいです。


(C)撮影/資人導(Vale.)、SEIJI MEGA