大友花恋、子役撮影の“顔切れ”絶妙オフショットに「ズコーッ」

芸能総合 公開日:2019/04/10 4
この記事を
クリップ
}/

モデルで女優の大友花恋が9日、アメーバオフィシャルブログを更新。自身初主演のフジテレビオンデマンド(FOD)の『いつか、眠りにつく日』撮影裏話と子役の千葉新が撮影した絶妙なオフショットを公開した。




同ドラマは作家・いぬじゅん氏による累計13.6万部を突破した同名の単行本が原作。大友は修学旅行の途中バスで事故に遭った主人公の高校2年生・森野蛍を演じ、小関は全身真っ黒な服を着た“案内人”クロを演じる。

第5話が配信スタートされたこの日、「ズコーッ!」と題してブログを更新すると、「今回の話も泣けます。どれだけ小さくて不器用でも誠実に未練と向き合う涼太くんの姿には感動や勇気をもらいました!」と見どころをアピール。

続けて、「クロ役の小関裕太さんはインスタントカメラを持ってこられていて静岡の美しい景色や、現場の様子をカメラに収めていました!私もそれに倣い、インスタントカメラを2つ持参して涼太くんの前でパシャパシャ撮っていたら「それなにー?」と、聞かれまして「使う??」と、カメラを差し出したら楽しそうに沢山の写真を撮ってくれました!」と撮影裏話と共に、そのとき松村涼太役を演じる千葉新くんが撮影した写真も披露。

大友は現像したその写真をみた時の反応を、「涼太くんの身長から見た景色は、私が想像していたものよりも低く笑 現像した写真をみて「ズコーッ」となりました笑」「あー、絶妙☆顔が全部絶妙にきれてます。」とつづっている。

また、「でも、この写真を見るたびに、涼太くんの可愛さを思い出してにやけます。。」「待ち時間、いつもにこにこ楽しそうに、クロとカクガリと遊んでいる涼太くんを遠くから見ているのが好きでした 親子や兄弟のような、3人にいつもほっこりしていました!」と振り返り、「ぜひ、ぜひ、5話もご覧ください!!」と呼びかけブログを締めくくった。

この投稿にファンは、「面白い」「「んーおしい!」感じですが、ほっこりの思い出も添えて。思い出深くなり良いですね」「ズコーッ!久しぶりに聞いた(笑)」「彼目線での世界が、見事に表現されております」などの声や、第5話を観たファンからは「やっぱり泣いた、、、」「泣けました。」「ホッコリするシーン多めでした」などの声が寄せられている。

この記事の画像一覧

関連タグ