よしお兄さん&りさお姉さん卒業ムック本が大反響、発売前に品切れの書店も

芸能総合 公開日:2019/04/03 24
この記事を
クリップ

2019年2月18日。「おかあさんといっしょ」の出演者交代が発表され、「体操のお兄さん」小林よしひさと「『パント!』のお姉さん」上原りさの卒業が明らかになった。同日、講談社も卒業記念ムック「よしお兄さん、りさお姉さん 笑顔と元気をありがとう。」を4月4日に発売することを発表した。その反響は編集部の予想をはるかに超えていた。

公式ツイッター「講談社げんき編集部」には「よしお兄さん~(泣) 欲しい! 絶対買います!」「買い!!! そしてりさお姉さん、可愛い!!!!!!!」「3月が終わらないでほしい自分と発売日が楽しみな自分が殴り合ってます」「保存用と観賞用と熟読用に10冊買わせていただきます(錯乱)」といった興奮のリプライが多数寄せられ、ネット書店にも予約が殺到。ある書店では予約上限数に達し、「発売前に品切れ」という事態となった。

また、3月15日に発売した雑誌「NHKのおかあさんといっしょ 春号」でも、よしお兄さんとりさお姉さんの卒業を特集。付録に「ブンバ・ボーン! デラックスカード」、とじこみ付録として「よしお兄さん&りさお姉さん特大ポスター」をつけた豪華版で、こちらも発売1週間にして完売状態に。

そしていよいよ4月4日、卒業記念ムック「よしお兄さん、りさお姉さん 笑顔と元気をありがとう。」の発売となる。同書は「からだ」、「ロングインタビュー」、「こころ」の3章で構成されている。




「からだ」の章では、二人の鍛え抜かれた身体の写真に感心し、変顔や扮装の数々に大笑い。「ロングインタビュー」の章では、「体操のお兄さん就任が決まって、最初に考えたのは卒業のことでした(笑)」(よしお兄さん)「1年目の私は声が高すぎ! 恥ずかしくて映像が見られません」(りさお姉さん)など、番組内では語られなかった二人の胸の内に触れることができる。また、「こころ」の章では、うたのお兄さん・花田ゆういちろうと、うたのお姉さん・小野あつこからの「贈る言葉」、さらには最後のスタジオ収録の様子などが紹介され、「おかあさんといっしょ」ファンであれば涙なしには読めない仕上がりとなっている。

この卒業記念ムック、「おかあさんといっしょ」関連書としては初めて、電子版も刊行されるという点も注目だ。(4月4日、紙と同時発売)

さらには、2016年に番組を卒業した三谷たくみの卒業記念ムック「たくみお姉さん ありがとう、さようなら。」、2017年に卒業した横山だいすけの「だいすけお兄さん ありがとう、また会う日まで。」も、電子版で復活する。こちらも要チェックだ。


■卒業記念ムック
『げんきMOOK おかあさんといっしょ よしお兄さん、りさお姉さん 笑顔と元気をありがとう。』
4月4日発売
定価:本体1300円(税別)
講談社


【関連商品】


   
   



この記事の画像一覧 (全 6件)