松坂桃李、菅田将暉、杉野遥亮らが新CMで共演「挑戦したいこと」明かす

芸能総合 公開日:2019/04/01 13
この記事を
クリップ
}/

俳優の松坂桃李菅田将暉賀来賢人間宮祥太朗杉野遥亮が1日、花王の衣料用液体洗剤「アタックゼロ」新CMキャラクターに起用され、都内で行われた発表会に出席した。

同日より順次放送となる新CMでは、こよなく洗濯を愛する5人が汚れゼロを目指すというストーリーが展開される。全員と共演経験のある松坂はキャスティングについて「すごく純粋にうれしかった。早く撮影してみたいと思った」とにっこり。間宮と杉野と初共演となった賀来は「ラインナップを見た時にすごく濃い人がいると思ったら間宮くんだった。顔の圧はズバ抜けているよ!」と間宮をイジり倒していた。




イベントでは「この春、ゼロから始めたいことは?」と聞かれ、それぞれフリップで回答。日頃からバレーボールを楽しんでいるという間宮は「レフト」にチャレンジするといい、「地域の体育館でママさんや学生さんとやっている。友達にお前はレフトだと言われたのでゼロから始めたいこ。スパイクを決めることを意識したプレイをしたい」と意気込んでいた。

松坂は「体力作り」と記しており、「この前舞台をやらせていただいていたのですが、立ち回りとかで本当に体力なくて。そででずっとバテていた。スタッフさんが酸素を持ってきてくれて。死にそうだった。それが自分で情けなくて。今後、体力使うことあると思う」と理由を述べた。具体的には「筋トレ」をする計画だが、間宮がバレーボールチームに勧誘。さらに自身とは対となる「ライト」ポジションを提案していた。

菅田は「インテリア。ずっとおざなりになって部屋の中は物置みたい。整理をしたい。これまで寝られればいいと思っていたけど、こだわりたい。家具も作りたい」いい、賀来は「やったことがないけどキャンプ。これまでダイビングとかバスケをしたけど趣味が続かない。本格的な趣味を見つけたい。子どももいるのでパパがテントを組み立てられたらかっこいいじゃん?火も起こしたり。家庭内のレベルをあげたい」とパパの顔をのぞかせた。

最年少となる杉野は「親との関係」と明かすと、穏やかなじゃない答えに周囲は「どうした、どうした」とあたふた。杉野は「いままで親の前だと意地を張ってありがとう、ごめんなさいが言えなくて。元号も変わるのでいい機会だなと思って…」と説明。その言葉に一同は「一からじゃなくゼロからなんだ」「えっ、いままでなかったことにするの?」とさらにざわついていた。