黒木ひかり、高校留年を告白「いつかはおバカがバレるのでいい機会だったかな」

芸能総合 公開日:2019/03/31 16
この記事を
クリップ
}/

恋愛リアリティショー「太陽とオオカミくんには騙されない」(AbemaTV!に出演して一躍注目を浴び、現在は、女優、モデル、グラビア と幅広く活躍。その明朗快活なイメージと、高い顔面偏差値の正統派美少女ぶりから“神的美少女”との異名を取る黒木ひかり待望の1st写真集『現在地→卒業』(徳間書店)が3月26日に発売。記念イベントが渋谷のTSUTAYAで開催された。




茶ブレにチェック柄のミニスカートという制服姿で記者陣の前に笑顔を見せながら登壇した黒木だったが、冒頭「みなさまに報告しなけらばいけないことがありまして…」と切り出し、「この3月”卒業”とうタイトルでいろんな雑誌の表紙を飾らせていただいたのですが、…留年を…してしまいました。なので9月まで高校生です」と発表。「申し訳ない気持ちでいっぱいです。ありがたいことにお仕事をたくさんいただいて、テストが受けられないということもあったんですけれど、単純に私の頭脳が足りないというか。両親にもほんとに申し訳なく思っております」と重々反省している黒木に、スタッフから”留年”と書かれたシールを渡され、ボードに書かれた「1st写真集『現在地→卒業』発売記念お渡し会」の”卒業”の部分に貼るように指示されると、「これ恥ずかしい!ヤバい!」と照れながら「卒業→留年」の事実をあからさまにされた。そして「留年したみなさま。黒木ひかりも留年してしまいました。一緒に頑張って卒業しましょう」と同じ境遇の同士にアツいメッセージを贈った。また留年ということでおバカキャラが定着するのでは?との質問に「そうなんですよーー」と渋い顔。「それ怖くって。でもいつかはバレてしまうのでいい機会だったかなと。でも頑張って勉強します」と気を引き締めていた。

あらためて完成した写真集の感想を聞かれると「私の中で”写真集を出す”って有名な人しか出せないイメージがありまして、まさか自分が出せるとは思っていなかったので、ほんとうに嬉しい思いでいっぱいです。まず親に見せました」と嬉しそうな表情に。また同じ事務所のゼロイチファミリア所属のタレント仲間にも観せたそうで、「配信番組で一緒になった時に観てもらったんですけど、ひとりひとり感想を言ってくれて、アンジェちゃん(アンジェラ芽衣)が、特に“ひかりちゃんの魅力は!!”って長々と熱血的に語ってくれました(笑)」と明かした。

タイトル『現在地→卒業』については「プライベートの友達からも”アンチコメントすんぞ”って“卒業”に関しては叩かれたんですけど(笑)、このタイトルに関しては卒業をメインに考えないでいただいて、今の状況を卒業するという意味ですね、ま、留年からの卒業もそうですし、今の自分よりもっと上の自分を目指すというような形で受け取っていただけたら嬉しいです」と語った。

今回はタイと北海道でロケを敢行。「北海道では猛吹雪で撮影できる状況ではなかったんですけど、ゲレンデで水着撮影を一度してみたかったんです。それは、同じ事務所の川崎あやちゃんが、ゲレンデ撮影会というのをやっていて、私もやってみたいな思っていたのでできて良かったです」と振り返った。そんな黒木が選んだお気に入りカットは、鼻と口の間で割り箸を挟んでいるカット。「普段しなくて、やったら怒られるポーズをしてるんです。だからこそ面白いというか。この表情もしないですねー。これはカワイ子ぶりました。ははは」と少し恥ずかしそうに紹介した。

夏の海ではしゃぐ等身大の笑顔、雪に溶け込む透明感溢れる大人びた表情。常夏のタイと、一面銀世界の冬の北海道を舞台に、少女から大人へと成長する、“今” しか見ることが出来ない彼女の変化を堪能できる1冊となった。

関連タグ