Kis-My-Ft2に画伯誕生!?衝撃の画力にメンバー絶句の一幕も

芸能総合 公開日:2019/03/29 20
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日公開された第8話では、「キスマイ戦隊メモレンジャー」と「22世紀の新・罰ゲーム審議会」が配信された。



「キスマイ戦隊メモレンジャー」では、キスマイメンバーが、女の子と一緒に人質に取られたお母さんを救出するため、横尾渉が扮する悪の帝王・横尾ストロングマシーンに挑む。今回メンバーがチャレンジするのは「お絵かきしりとり」。メンバーと女の子が描いた絵が正確にしりとりとして繋がっていれば、悪の帝王を倒すことができる絆バズーカが発動し、お母さんを救出することができる。

今回は画力がポイントとなるため、画力が不安視される藤ヶ谷太輔宮田俊哉の順番を後半に設定。その2人の間に女の子を挟んだ順番でお絵かきしりとりはスタートした。

トップバッターは北山宏光。サラリと絵を描き、玉森裕太に繋ごうとするも、まさかのトラブルが。玉森は北山の絵を見て手が止まってしまい、絵を描き始めたのが制限時間の30秒ギリギリになってしまう。続く二階堂高嗣は玉森の絵を受け取り、何が書かれているかわからず困惑の様子。「玉森戦隊の絵が最悪なんだけど」とボヤきつつ、千賀健永にしりとりを繋ぐ。

しかし、ここでまたもやトラブル発生。千賀が描いたのはどうみても「金」(きん)。“ん”で終わってしまうしりとりのルールを全く無視した絵に、思わずメンバーは絶句。続く藤ヶ谷も絵を受け取るやいなや「え!?」と驚愕の表情。困惑しつつも藤ヶ谷は女の子へしりとりを繋ぎ、ラストは宮田。トラブル続きのお絵かきしりとりを、どう繋いでいくのだろうか!?

キスマイメンバーの衝撃の画力に“画伯”誕生なるか!?気になる結果は本編をみてチェックしていただきたい。

2つめの企画「22世紀の新・罰ゲーム審議会」では、子どもたちが考えた罰ゲームをキスマイが実際に挑戦し、採用・不採用をジャッジする。今回は、玉森が9歳の女の子が考えた‟猫のモノマネ1分間”という罰ゲームに挑む。「これやるの!?1分って地獄の時間だぜ…」とボヤきながら罰ゲームに挑戦。玉森は一体どんなジャッジを下すのだろうか。


<作品概要>

■タイトル:「キスマイどきどきーん!」

■第8話配信日時:3月29日(金) 正午

■出演:Kis-My-Ft2

■公式サイト:https://bit.ly/2SgFije

■公式Twitter:https://twitter.com/kisdoki_dtv

(C)エイベックス通信放送/ジャニーズ事務所