ジャニーズJr.初、SixTONESがAERA表紙に登場「経済、 回したい」

芸能総合 公開日:2019/03/22 10
この記事を
クリップ

ジャニーズJr.の人気ユニットSixTONESが3月25日発売の「AERA4月1日号」の表紙に登場する。ジャニーズJr.がAERAの表紙になるのは今回が初めて。 カラー5ページのインタビューでは「リアルであることが僕らの強みだ」と話し、 それぞれが、 メインキャストとして出演した「映画 少年たち」に込めた思いやグループの未来について語っている。



映画化された「映画 少年たち」は、 ジャニーズ事務所が50年前に初演したオリジナル舞台。その後も繰り返し上演されてきたが、今回、ジャニー喜多川社長の制作総指揮で映画化され、メインキャストに指名されたのがSixTONESだった。

事務所の先輩たちが脈々と受け継いできた作品だけに、メンバーのジェシーはインタビューで「驚きと喜びが同時にきた感じでした」と話した。 最近まで奈良少年刑務所として使われていた建物での撮影で感じたことを、 口々に話すメンバー。ショー的な要素も織り込まれ、京本大我は「ジャニーズのエンターテインメントそのものが感じられる映画になったと思います」と自信をのぞかせた。

YouTubeの「ジャニーズJr.チャンネル」でも抜群の再生回数を誇るSixTONES。YouTubeが世界各地で展開する「アーティストプロモ」にも抜擢され、都内各地に巨大ポスターが貼られた際は、「その大きさに驚いた」と高地優吾。 制作したミュージックビデオは2日で100万回以上再生されるなど、ネットの世界でも存在感を増している。こうした活動を経て、昔は「個」だったグループが「みんなで戦うことが多くなりました」と松村北斗。 今後の目標を問われると、森本慎太郎が「経済、 回したいです」と発言。田中樹が「俺らを使えば経済が動くってなったらすごいよ」と受けとめて、インタビューは終了した。

野望に燃えるSixTONESの撮影は真っ赤なバックに花びらを散らして行われた。 表紙はもちろん、カラーページのソロカットにもご注目いただきたい。


【関連商品】