菅田将暉×染谷将太、同じ年の2人が役者と監督で初タッグ「安心感があった」

芸能総合 公開日:2019/03/19 7
この記事を
クリップ
}/

レイングッズブランド「Wpc.」を展開するワールドパーティー.は、菅田将暉中島セナが出演し、染谷将太が監督を務めたWpc.15th Anniversary Special Short Movie「まだここにいる」を、Wpc.オフィシャルHP上で3月19日より公開。




今回の15周年記念短編映画では、晴れの世界に生きる男性と、雨の世界に生きる女性との出会いを描いた、ファンタジーな世界観を菅田将暉中島セナが熱演。違う時空を生きる2人が雨によって出会い、歩み出す様子を柔らかな音楽にのせて描いている。何かを探すように街をさまよう菅田の切なげな表情が印象的。同作は、カルチャー・マガジン「BARFOUT!(バァフアウト!)」の企画により、監督を染谷にオファー。菅田とは初の共演となった。異色のタッグによるスペシャルな短編映画、要チェックだ。

 

<撮影時エピソード>

今回の撮影がほぼ初対面だった菅田将暉染谷将太。監督として菅田を撮影した染谷は「初めてが役者同士として共演という形ではなく、撮る側とは(笑)。まさか菅田くんを撮ると思ってなかったので、贅沢な時間でした」と語った。自身も俳優として活躍される染谷は撮影前に、自分で実際に同じシーンを演じてみて、演者側の感覚を確かめる場面も。そのおかげもあってか、菅田は「全く違和感がなく、安心感があったことに自分でもびっくりしました」と話しており、見事な演技力で撮影は順調に進んだ。撮影の合間、移動中などに二人で演技について話し合うシーンも。二人が同い年ということもあってか、ほぼ初対面ということを感じさせない、和やかな雰囲気で無事撮影は終わった。

この記事の画像一覧