中谷美紀が初の金髪姿で挑む、190か国へ配信される注目作

芸能総合 公開日:2019/03/19 4
この記事を
クリップ
}/

世界を熱狂の渦に巻き込んでいる「ストレンジャー・シングス」をはじめとし、「13の理由」「オレンジ・イズ・ニューブラック」など社会情勢などに深く切り込んだ話題作を多く生み出してきたNetflixが、新たなパートナーとして選んだのは、写真家で映画監督の蜷川実花(『さくらん』(’07)、『ヘルタースケルター』(’12)、『Diner ダイナー』(’19予定)『人間失格』(’19予定))。独自の感性で常に時代を切り取り、色鮮やかな映像表現で日本のみならず、世界中の注目を集めてきた蜷川による、完全オリジナルの新作ドラマが誕生する。

主演で、押しも押されぬ人気写真家・奈良リミを演じるのは、中谷美紀。数多くの作品に出演し、舞台でも活躍する実力派女優であり、文化や芸術への深い造詣、そして高い語学力と、まさに世界へ発信する”新しいTOKYOライフ”の主人公そのものと言える。蜷川監督とは、写真家として仕事を一緒にしたことはあるといい、「情熱を胸に秘めつつ、あくまでも人当たりは良く、それでいて欲しい画を貪欲に撮るような方なのではないでしょうか。」と人柄についても語っている。

そして、女優を夢見て上京し、挫折を味わいながらも成長していく百田なつめを演じるのは池田エライザ。『ルームロンダリング』(’18)、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(’18)、『億男』(’18)などの話題作に立て続けに出演、さらなる躍進が期待される若手実力派女優。中谷との衣装合わせでの出会いの衝撃ついて「中谷さんと初めてお会いした時に『リミが現れた』と錯覚し、圧倒的な存在になすすべをなくし身が硬直したのを覚えています!」と、語っている。




登場する女性たちの数だけリアルライフがあり、蜷川監督の感性と映像によって、強く色鮮やかに映し出されるドラマに、早くも注目が集まっている。Netflixオリジナルドラマシリーズ「Followers」は2020年初頭、全世界190か国へ独占配信。


中谷美紀 コメント>
―映画作品では初タッグとなる蜷川監督の印象
若かりし頃に、写真家としての蜷川実花さんと何度もご一緒させていただきましたが、作品から想像する毒々しさとは裏腹に、柔らかくお話しのしやすい方です。情熱を胸に秘めつつ、あくまでも人当たりは良く、それでいて欲しい画を貪欲に撮るような方なのではないでしょうか

―最初に台本を読んだ感想
誰かが掲げた「女性の幸せはこうあるべき」という枠にはめられて、幸や不幸をジャッジされてしまいがちな女性にも多様な生き方があること、そして、人が社会と繋がろうとすればするほど、孤独を感じてしまうという残酷な現実がポップに、おしゃれに描かれていて、新たなドラマが生まれる予感がしています。

―カメラマンという職業など、蜷川監督とも重なるところがあるキャラクターについて撮らずにはいられないという衝動を抱えたアーティストとして、屹立した存在であるリミを演じるにあたっては、蜷川監督の芸術性と大衆性を見事に融合させた作品の数々からインスピレーションをいただきたいと思います。

―まさに今のTOKYO、ニッポンを発信する作品が世界190カ国以上で配信されることへの意気込み
かつてインドの山奥を旅した際に、日本産の軽自動車に「OSHIN」とステッカーを貼って走る人を見かけました。あの「おしん」とは趣向の異なる作品ですが、日本はテクノロジーの分野のみならず、ファッションでも、食文化でも、クールな国として諸外国の皆さんの注目の対象となっているようですので、国境を越えて多くの方々に愛される作品になることを願っています。

1/3ページ

この記事の画像一覧