大石絵理、パリコレでパパラッチされ「ファッションセンス感じ取ってもらえたのかな」

芸能総合 公開日:2019/03/15 29
この記事を
クリップ

「陸海空 地球征服するなんて」でお馴染みのタレント大石絵理が、パリコレを初体験、現地にて体感してきた。タレントとしてのイメージがある大石だが実は大のファッション好き。モデルとしてファッションショーや数多くの雑誌にも登場している。そんな大石が今回、「モデル大石絵理」として念願のパリコレを体感。今年はファッション業界の注目も集めそうだ。


今回のパリコレは2/25~3/5の9日間で約80ブランドがパリ市内でコレクションを発表。大石は3日間で10ブランド(展示会を含むと14ブランド)のショーを見学。日本のファッションショーとの違いを目の当たりにした。「各ブランドが個性的で思い切りがよく、刺激を受けっぱなしでした。パリ中で行われているため、スケジュールが朝から分刻みで想像をはるかに超えていて会場を走りまくりでした!またパパラッチの多さにも驚愕し、こんなに大勢のパパラッチがいるのかと思った。さらに驚いたのがパパラッチたちはファッションセンスを感じられない人にはカメラも向けないことも体感、なんとか私は撮っていただいてのでセンスは感じ取ってもらえたのかなと思いました(笑)。ゆったりとした時間を想像していましたが、目まぐるしく動く世界を体感して、忙しかったけどファッションのことだけを考えて生活した3日間で物凄く充実感を得てきました」と今後のモデルとして飛躍を誓った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ