マツコ・デラックス、初対面川田裕美の可愛さに驚き「本当にテレビ映り微妙なんだね」

芸能総合 公開日:2019/03/13 12
この記事を
クリップ

タレントのマツコ・デラックスが13日、都内で行われた資生堂「薬用 ケアハイブリッドファンデ」発表会に、フリーアナウンサーの川田裕美とともに出席した。

ファンデーションと薬用スキンケアを融合した同製品のアンバサダーに就任し、自身初となる化粧品のCMに出演となったマツコは「どう思う?資生堂がこんなことしていいの?」と言いつつも、「IKKOさんも出てたから、よく考えたらオカマ好きな会社ね。ありがたい話ですよ。ダイバーシティ」とニッコリ。「資生堂のCMに出させていただくなんて、もういつ死んだっていいですよ。まあ、全クライアントに言っているんですけどね」とマツコ節で喜びを表現した。




また、ファンデーションのCMに出演という点についてマツコは「ファンデーションをうまく使えばいろんなものを隠せるんだっていうね。私なんてこれをとったら46の太ったオッサンだからね。どうにかなるのよ。ファンデは大事!」と力を込め、「日本人はファンデが薄すぎると思うのよね。もっと塗っちゃってもいいと思うの。1週間で1つ使い切るくらい。そうするともっと資生堂さん儲かるから」と持論を展開。ファンデーションにはネガティブイメージがあると指摘し、「でも、スッピンでいればいいってものでもないのよ。この歳になるとスッピンでいることがどれだけリスキーか。どんどん象みたいな肌になっていくので、常に保湿して、美容成分が肌についているというのは、逆にスッピンでいるよりいいわよ」とアピールした。

さらにイベントでは、現代人の代表として川田が登場。そんな川田と初対面だというマツコは「見て見て。実物はけっこう可愛いでしょ。本当に可愛いのね。昔の80年代のアイドル顔だよね。ビックリした。こんなに可愛いなんて。本当に可愛くてビックリして、本当にテレビ映り微妙なんだね」と毒を交えて絶賛し、これに川田は「複雑です(笑)」と苦笑いを浮かべた。

また、同社の調査で、女性がファンデーションをつけている時間が年3500時間という結果が発表されたが、川田の年間ファンデタイムは4656時間と算出されると、マツコは「私たちは普通より長くなっちゃうよね。みんな化粧に逆に慣れていかなきゃならない仕事よね」と話し、川田も「夜、仕事が終わってからもご飯をみんなで食べる時間もつけていたりしますし」とコメント。その時間が肌ケア時間になることについて川田は「最高ですね」と目を輝かせると、マツコは「メイクってどうしてもネガティブなイメージが先行するじゃない。だからメイクを恐れるなって言いたいわね」と訴えた。

この記事の画像一覧 (全 27件)