大友花恋、小関裕太とマシンガントーク「緩さやまったり感ゼロ、全力で」

芸能総合 公開日:2019/03/06 5
この記事を
クリップ

モデルで女優の大友花恋が6日、ブログを更新。3月12日に配信がスタートする初主演のフジテレビオンデマンド(FOD)の「いつか、眠りにつく日」の番宣撮影を「あの日を思い出すと今でもにやけます」と振り返った。




同ドラマは作家・いぬじゅん氏による累計13.6万部を突破した同名の単行本が原作。大友は修学旅行の途中バスで事故に遭った主人公の高校2年生・森野蛍を演じ、小関裕太が全身真っ黒な服を着た“案内人”クロを演じる。

この日は、自身がMCを務めるラジオ番組「クラスメイトは大友花恋!」(文化放送・毎週水曜よる11:30~)が放送日。ゲストには、同ドラマで共演した小関裕太が登場する。

放送前に大友は「いつ眠のくらかれ」と題してアメブロを更新し、「今夜のくらかれには、小関裕太さんが来てくださいました!小関さんとは、ドラマ「いつか、眠りにつく日」でご一緒させて頂きましたが、気がつけばあと1週間を切り、まもなく皆さんにみていただけるんだなあとドキドキが膨らみます。」と心境をつづった。

ドラマの公式ツイッターもスタートし、予告映像などが公開中。「カウントダウンの写真を撮った日は蓮役の甲斐翔真さん 栞役の喜多乃愛ちゃんも含めた4人みんなで沢山話して笑って、、、すごく楽しい日だったなああの日を思い出すと今でもにやけます。」「全身を使って、数字を表現するのはすごく難しくてスタッフさんと私たち4人で、「見える見える!」とか「よくわかんない!笑」とか大盛り上がりしました。苦労した日もありましたが、、笑」と体で表現するカウントダウン写真撮影を振り返り、「楽しんでいる私達の様子が、引き続きカウントダウン写真から、届くといいなあ。」と期待を込めた。

また、小関がゲスト出演する同日放送のラジオは「クロと蛍を演じるにあたって考えたことや現場の裏話、お互いについて、、、等々 色々語りました。15分だと足りなくて、でも、話したいことは沢山あってまさにマシンガントーク。」とつづり、「23:30頃からの放送にも関わらず、緩さやまったり感ゼロ、全力でお送りするかと思います笑」とアピール。

最後は、「実は、くらかれにノリさん以外の男性ゲストが来てくださるのは初めて!放送回数100回を超えて新たなスタートを切ったくらかれにさらなる新しい風が吹いた気がしてとても嬉しいです」とつづり、「ドラマを楽しみにしつつ、ぜひお聞きください!」と呼びかけブログを締めくくっている。