モー娘。’19 佐藤優樹 声優初挑戦、“トンデモ語録”止まらず

芸能総合 公開日:2019/03/19 26
この記事を
クリップ

NHK Eテレ「ビットワールド」内での人気投票では3年連続1位に輝くなど、子どもたちから圧倒的な支持を受けるコメディショートアニメ「あはれ!名作くん」。

大喜利参加投稿やグッズ売り上げ、さらにはYouTubeチャンネルも絶好調というこの「あはれ!名作くん」もいよいよシーズン4への突入が決定。




松田名作役・那須晃行(なすなかにし)、スウィーツ役・中西茂樹(なすなかにし)、ノキオ役・阿諏訪泰義(うしろシティ)、むすび役・金子学(うしろシティ)、ボルト役・小野賢章、つる公役・江口拓也というおなじみの面々に加え、シーズン4からは松田名作くんの妹“メイ”役として、ハロプロの秘密兵器“まーちゃん”こと佐藤優樹モーニング娘。’19)が声優に初挑戦するという。

そんな、まーちゃんの挑むメイちゃんは新海岳人監督によると「これから成長するキャラクター。メイちゃんの成長がシーズン4の見どころ」とのこと。

また、新海監督は「番組上ではメイちゃんが言葉を一つ一つ覚えていくのですが、それ以上に言葉を覚えないといけないのは、まーちゃんです」と笑いを誘うと、その言葉通りまーちゃんからは「NGってなんですか?」といったトンデモ発言が飛び出す一幕も。

さらに、まーちゃんのトンデモ語録はこれだけに収まらず、緊張の度合いを尋ねられた際には「声優の仕事は緊張の度合いが今までと360度違うんです!」と回答し、出演陣から「それ、一周回って同じとこ!」とツッコまれ、舞台と声優の違いについて尋ねられた際には「声優は舞台と違ってお客さんが目の前にいないので、失敗してもやり直せるのが凄いです!」と回答し、「それ舞台より簡単だ、声優はチョロいってことですか?」とツッコまれ、収録で大変なことを尋ねられた際には「全員のマイクが活きていて、収録中に笑いを堪えられないので、1年かけて頑張っていきたいです!」と回答し、「次からもう気をつけてくれ!」とツッコまれるなど終始大爆笑の記者発表となった。

最後の挨拶でもまーちゃんは、何故か「私、まだまだ2年目なので…」と切り出してしまい、「まだ1年目もスタートしてない!」「きみマジでパワーアップしろよ!」と出演陣から改めてツッコまれるなど既にチームワークは抜群の様子。

この会見同様に番組内で魅せる出演陣の掛け合いにも大きな期待がかかる「あはれ!名作くん」シーズン4。

そんな「あはれ!名作くん」シーズン4の放送開始はNHK Eテレにて4月5日(金)から!お見逃しなく!


この記事の画像一覧 (全 13件)