山田杏奈、1st写真集重版決定に「素直に嬉しかった」満面の笑み

芸能総合 公開日:2019/03/02 34
この記事を
クリップ

昨年公開された『ミスミソウ』で映画初主演、昨年夏にABCで放送されたドラマ『幸色のワンルーム』で主演を務めるなど、若手女優の成長株として業内関係者やお茶の間から注目を集めている山田杏奈初めての写真集『PLANET NINE』(東京ニュース通信社)を、18歳の誕生日となる今年の1月8日にリリースした。売れ行きも好調で、1st写真集にも関わらず重版も決定。その記念イベントが2日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、写真集の見どころや今後の目標などを語ってくれた。


「普段はパーカーやジーンズなどストリート系が好きなんですけど、今日はフォーマルなワンピースを選びました。色使いがとても好きです♪」とファッション解説で幕を開けた山田のイベント取材。ファッションもさることながら、現役高校生らしい眩しい笑顔が印象的で、ドラマ『幸色のワンルーム』で見せた眼力の一旦も垣間見せていた。

そんな彼女の初めてとなる今作は、タイのバンコク、パタヤ、ラン島で撮影されたもの。重版の決定に「写真集を出す時は買ってくれる人がいるのか不安でしたが、重版が決まって色んな人の目に触れられているんだな、と思いました。色んなスタッフさんが残してくれた作品なので、単純に嬉しかったですね」と満面の笑みを浮かべていた。初めての水着姿を披露した今回の写真集。テーマは「子どもと大人の間」と説明してくれたように、17歳の等身大の姿が切り取られている。具体的には「タイで撮影した色んな私が見られると思います。例えば家でくつろいでいる姿とか、外にでかけて楽しい表情とかが写ってますよ」とアピールしていた。

その山田は、通っていた高校を今月卒業する。「やり残したことはたくさんあります。高校生活が終わってしまうという実感はありませんが、学校帰りに友達と制服姿で遊んだりしてこなかったので、もっとすればよかったなって思います(笑)」と残念がるも、「社会人という響きはもっと先のことだと思っていたので不安もあります。今まで以上に自由になることも多くなると思いますが、自由には責任も伴うと思うので、そういうことを自覚しながら自分の出来ることを広げていければいいですね」と早くも社会人としての自覚も。そんな彼女は来年度にヒロインを務めた作品が何作か控えており、「今まで以上に仕事に対して真剣に取り組んでいきたいですね。今は色んな作品をやって吸収する時期だと思うので、何にでもチャレンジしていきたいです」と意欲満々。プライベートでやりたことを問われると「海外に行ってみたいです」と海外旅行をあげて「若い時に行ったと色んな方から言われるので、若いうちに海外に行きたいと思います。定番のニューヨークに行きたいですね」とその理由を説明していた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)

関連タグ