最注目美少女 白石聖、初めてのファンイベント「少しでもより良い時間にできたらいいな」

芸能総合 公開日:2019/03/02 9
この記事を
クリップ
}/

現在放送中のドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)に出演中の女優の白石聖が、『白石聖カレンダー2019-2020』(ワニブックス)の発売委年イベントを東京・ブックファースト新宿店で開催した。

自身初めてとなるカレンダーの出来上がった感想を聞かれると「私がデビューしてからずっと撮影していただいていたカメラマンの西田幸樹さんに撮影をやってもらったので、こうやってカレンダーという形に残せたことがすごく嬉しいです。西田さんは私が大人になっていく表情の違いとかもとても細やかに気付いてくださるカメラマンさんなので、自然体な形で残せたんじゃないかなと思います」と喜んだ。




撮影時の思い出については「撮影は10月末に都内で行ったんですけど、すごく寒かったですね。春から冬までいろんな衣装を着させてもらって、2日間で撮ったんですけど、あっという間でした」と振り返った。

その中でも一番のお気に入りカットに顔のアップのカットを選んだ白石。「自分の顔にコンプレックスが結構あって、あまり好きじゃないんですよ。でも西田さん撮ってもらえると、すごいアップでもちゃんと目がキレイに写っているなと思って、そういうコンプレックスがあるからこそ、この写真がお気に入りになりました」と話すと、顔のどこがコンプレックスなのかと聞かれ、「全部ですね。親からもらったものなので、あんまり悪く言いたくはないんですけど、最近はチャームポイントと言ってもらえているので、受け入れられるようになってきましたけど、唇が最初はあんまり好きなパーツじゃなかったんです。最近になって写真とかに残してもらえたりして、いろんな方にいいと言ってもらえるようになったので、今では好きになりつつあります」と明かした。

カレンダーを飾ってほしい場所については、「飾ってもらえるならどこでもいいです。でも明るい陽の当たる場所に飾って毎日眺めてほしいです」とアピール。今回は初めてファンの方と接するイベントということで、現在の心境について聞かれると「どのような方が私を知ってここに来てくれているのか単純な興味がありますね。遠方からお越しいただいている方もいると聞きましたし、短い時間ですけど、そんな方たちにとって少しでもより良い時間にできたらいいなと思います」と、初めて出逢うファンに思いを馳せた。

今後の目標については、「好きな女優さんはたくさんいるんですけど、目標っていう目標はいないんです。私のこの世代は他にもたくさん魅力的な女優さんがたくさんいるので、その中で負けないような生き残っていけるように、個性を見付けて、自分のモノにしていきたいと思います」と意気込んだ。

関連タグ