北村匠海と矢本悠馬が親友役 青春時代のまぶしい友情演じる

芸能総合 公開日:2019/02/21 16
この記事を
クリップ

日本たばこ産業株式会社(以下JT)は、企業広告「想うた」シリーズの最新作「仲間を想う」篇を2019年2月22日(金)から全国で放映する。

 



第三弾となる「想うた 仲間を想う」篇は、人気若手俳優の北村匠海(きたむら たくみ)が今作も主人公。高校時代からの友人役に、北村と数多くの作品で共演し、クリスマスを一緒に過ごすなどプライベートでも親しい、矢本悠馬(やもと ゆうま)を起用。公私ともに仲の良い二人が演じる青春時代の回想シーンを軸に展開。多くを語らずとも、心は通じ合っている、そんな友情をテーマに、MONGOL800のキヨサク(Vo&Ba)のオリジナルの“うた”に のせて物語を展開。テーマに合わせて、明るくポップな曲調にアレンジした楽曲にも注目。

 

過去のシリーズでは、SNS上で「泣ける」「胸がギュッとなる」など多くの反響があった「想うた」シリーズ。今回のCMも自身の青春時代と重ねながら楽しめそう。また、「想うた」スペシャルサイト限定で、「笑い」「涙」「挫折」など、エネルギッシュだった青春時代の思い出を詰め込んだWEB限定スペシャルムービーも公開している。

この記事の画像一覧 (全 43件)