現代ホスト界の帝王ローランド、徹底的な自己プロデュースに迫る

芸能総合 公開日:2019/02/21 5
この記事を
クリップ

新宿・歌舞伎町のみならず、 世界へと進出している 現代ホスト界の帝王ローランドがViVi4月号に降臨する。

世間をざわつかせている格言(珍言?!)の真意や、下積み時代から今の活躍へ至るまでの徹底的な自己プロデュースについて教えてもらった。“個 の力”が試される今の時代にこそ、 身につけておきたい心に響くローランド語録が満載だ。




1月初旬/都内某所・スタジオ。「よろしくお願いしますー!」と集合時間10分前に降臨したローランド。この日のスタイルは、お馴染みのストレートブロンドヘアにベージュのコート、 黒のパンツにブーツ。「今日撮影で着ようと思っていたジャケット、忘れて来ちゃったので、この服のままでいいですか?」と登場早々、おちゃめな発言で現場を和ませ、スタートから明るいムードに。

今回ヘアメイクに入ったのは、ViVi連載『奈良へあ~』で毎号ヘアアレンジを提案している、 有名ヘアメイクの奈良裕也氏。 奈良氏との相談で、カールヘアにすることに。 「スタジオ入った瞬間、 すごいイケメンが居る!!と思ったら、 ヘアメイクさんだったんですか」と奈良氏のイケメンぶりを褒めるローランド。そしてヘアメイクが始まると「インスタライブやろっかなー♪」と自身のインスタライブを起動。 「えっと、 どうやってViViのアカウントつけるんですか? コメント固定……? なんですか、 それ?」と操作には疎い様子。そしてヘアメイクが完成すると「おー! カールがいつもと 全然違う! めちゃくちゃ気に入りました。 またやって欲しいです!」と、 すっかり奈良ヘアに夢中になっていた。

撮影がスタートすると、慣れた様子で格好良くポージング。 何度かライトチェンジしつつも順調に撮影が進んでいく中、 ローランドに気持ちよく撮影してもらうためとBGMをオペラ(カヴァレリア・ルスティカーナ)に。 「これ僕のために音楽変えてくれたんですか?あはは、ありがとう。撮影が壮大な雰囲気になりますね(笑)」。 そしてカメラマンが「はい、撮れました! ありがとうございました」と言った瞬間、オペラもちょうど終了。「え? こんなぴったりなことある?(笑)」と撮影でも“持ってる男”っぷりを 発揮していた。

インタビューではスタッフ全員がローランド語録をナマで聞き感激。「その場に居る人を幸せにしちゃう癖がある」 という本人の言葉通り、ポジティブなパワーをプレゼントした。 ローランド様が帰った後、 動画撮影に来ていた男性スタッフが 「俺たちも明日からローランド様の言ってたこと取り入れていこうぜ」 なんて言いながら笑顔で帰り支度をするほど、制作スタッフもすっかりローランダーとなった。

ホストの常識を変え、女性のみならず男性からも支持されるローランド。そんな日本一のホストが満を持してViViに登場! ローランド様に学ぶ“セルフブランディング術”、お見逃しなく。

月号:ViVi 2019年4月号
価格:670円(税込)
発売日:2019年2月23日(土)※首都圏基準
発行元:株式会社講談社

関連タグ