NEWS増田貴久 コーヒー片手にグラノーラをパクパク、素の瞬間を披露

芸能総合 公開日:2019/02/18 6
この記事を
クリップ

NEWS増田貴久が、女性グラビア週刊誌「anan」2月27日(水)発売号の表紙に登場する。「ネットで買える、暮らしにいいもの。」の特集で、自身も好きだというインテリアを楽しみながらの撮影では、自分の部屋で過ごしているようなリラックスした表情を見せてくれている。




インテリアスタイリスト・作原文子氏の監修のもと、今のライフスタイルにフィットする「ネットで買えるもの」に焦点を当て、選りすぐりの逸品とスタイリングアイデアが詰め込まれている今回の特集。

センスに定評があり、ライブでは衣装のプロデュースも担当する増田。今回の撮影のために、事前に増田本人と作原氏の綿密な打ち合わせを実施。増田が今気になるテイストや、アイテムをリサーチし、その内容をもとにスタイリングした部屋で、表紙&グラビアの撮影が行われた。

実生活でもこだわりがあるという増田の理想のインテリア構想を盛り込んだ、特別なコラボレーションが実現。

スタジオに家具や小物を運び入れ、完成したスタジオに入るやいなや「この部屋のテイスト、すごく好きです!」と生き生きした表情で部屋を観察する増田。探検がひと通り終わると、住み慣れた部屋さながらにリラックスウェアでベッドでくつろぎ、服を着替えて身支度を整え、コーヒー片手にグラノーラをパクパク。まさに自分の部屋でしか見られない、素の瞬間を撮影した。

撮影後に行われた作原氏とのインテリア談義では、こだわりが強いあまり、なかなか今の状況に満足できないという、部屋づくりに関する悩みも吐露。「部屋のテイストに合うかどうかよりも、そのもの自体を“かわいい”と思う気持ちを優先して買ってしまうんですよね」と、半端ない“もの”やデザインへのこだわりを語り尽くした。

増田登場ページはもちろん、全編にわたり暮らしているように楽しく読めて、実際に掲載しているアイテムをオンラインで買える指南も、一冊まるごとの“使えるインテリア&日用品”特集、ぜひお楽しみいただきたい。

『anan』No.2141(2月27日発売) Ⓒマガジンハウス