桃月なしこ、今年も地元開催の「ええじゃないか とよはし映画祭 2019」MCに抜擢

芸能総合 公開日:2019/02/09 13
この記事を
クリップ
}/

豊橋市でロケをした作品、豊橋市・愛知県出身のキャストやスタッフ、監督、原作者などが関わる作品を上映する「ええじゃないかとよはし映画祭2019」(3月8日-10日・穂の国とよはし芸術劇場PLAT/開発ビル)に、大人気コスプレイヤーの桃月なしこがMCとしての出演が決定した。




桃月なしこインタビュー>

―ええじゃないか とよはし映画祭 2019 のMC決定おめでとうございます。就任の心境を教えてください。

ありがとうございます!昨年に引き続き、今年もMCをやらせていただけて本当に嬉しく思います。豊橋での映画祭ということで、私も一地元民として皆さんと一緒に盛り上げていけたらいいなと思います。

―去年のMC初挑戦から、成長や発見したことはありましたか?

去年は初MCということでなかなか上手く話せず反省点ばかりで、人前で話す・人に話を振るということに苦手意識を持っていました。ですが苦手意識を払拭したく、今年は映画関係以外にも色々なイベントでMCやゲストとして登壇したり、また地元豊橋で映画のお話をするラジオの番組も持たせていただいたりと、沢山自分の意見を話す場をいただきました。おかげで人前で話す、自分の意見を発信するということに少しずつ苦手意識がなくなっていきました!

―今回もそうそうたる監督さんや俳優さんが出演されますが、意気込みなどありますか?

誰もが一度は目にしたことのあるような本当に有名な監督さんや俳優さんばかりがいらっしゃるので、とても緊張します。ですがそのような方々のお話を聞く機会というのはあまりないことだと思うので、観客のみなさん、登壇するゲストの方々が楽める空間が作れるようMCとしてスムーズに進行出来たらいいなと思っています。私自身監督さんや俳優さんのお話が聞けることがとても楽しみです。

―最近初のドラマデビューされたとお聞きしましたが

今まで誌面等で演技のレッスンを受けているということは言っていたのですが、皆さんにレッスンの成果を披露できる場がまだありませんでした。
今回こうして披露でき、見てくださった方々が「ちゃんと演技できてた!」「セリフも自然だった!」「とにかく可愛かった!」等とても褒めてくださって、今まで頑張ってきて本当によかったなって思いました。ただ、私自身完成した作品を見て反省点ばかりでとても悔しい思いをしたので、今後もレッスンに励み、自信を持ってこの作品見て!って言えるように頑張りたいと思います。

―家族の反応はいかがでしたか?
出演が決まった時はそんな大役大丈夫?と嬉しさよりも心配が勝っていました(笑) 地元での放送はまだしてないため観れていないそうなのですが、母の友人が一足先に観たらしく、親目線で観てたよ~ちゃんと演技できてたね!って褒めてたよと連絡してくれて、少し安心しました。早く親が観た感想が聞きたいな。

―最後にとよはし映画祭のPRをお願いします。
とよはし映画祭は他の映画祭と違ってどの作品にもその作品に携わった監督さんや俳優さんがゲストとして登壇し、上映前後にトークを行ってくれます。また、今回は昨年にはなかった「インディーズ コンペティション部門」があり、なんと150を超える応募作品から選ばれた10数のインディーズ作品の中から投票により賞を与えるという企画があります。こちらはなんと観客皆さんのその一票で決まる、観客賞というものもございます。
昨年以上に盛り上がること間違いなしの今年のええじゃないかとよはし映画祭。映画に興味のある方はもちろん、監督さんや俳優さんの話を聞きたい人、豊橋に興味のある人、なんなら私に会いたい人!笑 沢山の人に来て頂いて、一緒に盛り上げてくれたら嬉しいなと思います。3/8~10は豊橋でお待ちしております!


<最新ラインナップ3作品>

■クロージング作品

「人魚の眠る家」

第1回・第2回に引き続き愛知出身の堤幸彦監督の大ヒット映画が上映決定!さらに、堤監督と山口紗弥加さんのゲスト登壇が決定しました!

「21世紀の女の子」

2/8公開、最新話題作が上映決定!映画祭アンバサダーの松井玲奈さん主演作をはじめ15編の短編から成るオムニバス映画です。山戸結希監督、そしてもちろん松井玲奈さんがゲゲスト登壇!

「そらのレストラン」

本映画祭プロデューサーの森谷雄さんプロデュース作品、現在全国映画館で「泣ける!」と話題、大ヒット中の作品が映画祭で上映決定!深川栄洋監督とマキタスポーツさんがゲスト登壇!


この記事の画像一覧

関連タグ