さかなクン、アンジェラ芽衣を魚介類に例えると「白エビちゃん」

芸能総合 公開日:2019/02/06 25
この記事を
クリップ

食の安心安全に大きな関心が寄せられる昨今、「天然のいけす」と呼ばれる富山湾から揚がる魚の“旨さ!”を伝えるイベント『「富山のさかな」おもてなしフェア』が2 月 6 日、ザ・キャピトルホテル東急にて開催された。

特別ゲストとして登壇したのは、魚にまつわるイベントと言えばこの人しかいないという、さかなクン(東京海洋大学名誉博士)。そして、2018年7月に富山で開催された東京ガールズコレクションに出場した際「富山のさかな」の大ファンになったコトをキッカケに、11 月から「富山のさかな応援 Girl」に就任となった、アンジェラ芽衣。




この豪華な2人が内容の濃すぎる「お魚トーク」を展開。まずは「富山湾に潜らせて頂くのが長年の夢だった」という、さかなクン。「どこまでもスカーッと見渡せる透明度、そして水深10mのところに穴があいていて、中を覗き込んでみると…、ギョギョギョっ!なんと可愛らしい甘鯛ちゃんがいるんですよ!甘鯛ちゃんは通常水深50m以上の深いところにいるんですが、富山湾の水温の冷たさがあるので水深の浅いところでも生活できちゃうんです!」と止まらない「お魚トーク」。

アンジェラももちろん「魚愛」では負けてはいない。「私は食べる専門で。ブリの豆乳しゃぶしゃぶを今すぐ食べに行きたいです。」と切り出し、「一番好きなお魚は?」との質問が向けられると、「カニ!」と即答。これには、さかなクンも「ギョギョギョっ!魚類じゃないけど魚介類!」と見事なコンビネーションで会場をわかせた。

また、さかなクンに「アンジェラ芽衣さんを富山湾の魚介類で例えると?」との質問が飛ぶと、「白エビちゃん。見た目も綺麗だし美味しいし、富山湾の宝石と呼ばれています」と回答。これにアンジェラ芽衣さんも「嬉しいです!白エビは私が食べて一番感動したものなんです!噛むたびにジュワ~っと旨味が広がって、そのまま帰りのお土産屋さんで白エビグッズを買い占めちゃったくらい」と終始“富山の魅力”と息ぴったりな2人のお魚トークが展開されるという盛り沢山なイベントとなった。

この記事の画像一覧 (全 6件)