橋本環奈 人生初の飲酒は高級酒ドンペリ、味の感想は「飲み物というか…」

芸能総合 公開日:2019/02/03 15
この記事を
クリップ

女優の橋本環奈が、二十歳の誕生日である2月3日に都内ホテルで「誕生日二十歳」会見を行った。

二十歳を迎えた橋本は「深夜12時を過ぎて二十歳になった瞬間にお酒を飲みました」と双子の兄、親、事務所スタッフらと高級酒ドンペリで祝杯をあげたというも「ついでもらってなんだろうこれは?と思いながら飲みました。高いんだろうなと、高いのに味がわからない人が飲んで大丈夫なの?と。味の感想を聞かれたけれど、上手く答えられず『お酒です』と。美味しいも美味しくないもなくて、飲み物というか…」と価値がわからず淡々。その後は「お酒はその一杯だけで、普通に麦茶」と笑わせた。



この日の艶やかな着物は自分でチョイス。「黒色が入った着物を初めて着た。これまでオレンジや赤色、白色とか青みかかったものはあったけれど、大人に見える晴れ着はこれが初めて。シックな色合いの着物を持ってきてもらって、その中から選びました」とお気に入り。くるっと回転し「特に帯が素敵。振袖を着る際の身が引き締まる思いは変わらない。昔の人は毎日これを着ていて凄いなと思う。帯もそうだけれど、色の配色、柄が素敵」と笑顔だった。

セカンド写真集「NATUREL」も、同日に二十歳を記念して発売。「露出度の高いタンクトップやノースリーブ、短めのパンツの方が幼く見える感じがある。その矛盾が今回の作品の中での重要な点。自分で大人っぽくしようとすると、表情が幼く見えるような気がした」と分析し「セクシーな感じも、大人になり過ぎていないちょうどいい20代に向けて、というものになった」とアピール。完成に「色々な意味でこだわったので、自己採点は100点!と自信を持って皆さんにおススメしたい」と胸を張るも「でも“100点”と文字で書かれると、自信過多と思われそうで難しい。だから自己採点の中での100点と書いてください!」と謙遜していた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ