紗栄子、バレンタインの成功エピソード明かす「3年目にしてやっと…」

芸能総合 公開日:2019/01/31 25
この記事を
クリップ

モデルの紗栄子が、31日に都内で行われたGODIVA「バレンタイン コレクション 2019」のイベントに出席した。

紗栄子は、バレンタインをイメージしたという胸元に大きなピンクのリボンがついた衣装で登場。イベントでは、GODIVA初のバレンタイン手作りキット「My Heart Chocolate Cake Set」を使ってチョコレートケーキのデコレーション体験に挑戦した。




まずはGODIVA シェフ・ショコラティエのヤニック・シュヴオロー氏がケーキ作りを実演。その様子を袖で見ていた紗栄子は登場すると「プレッシャーです」と話し、緊張した表情で体験スタート。司会から「誰に向けてのケーキを作りますか?」と聞かれると、「息子と言いたいところですが、好きな人が出来たことを想像して作りたいと思います!」と意気込み、「お料理は高さを出すときれいに映るので…」と、マンゴーやイチゴなどフルーツ盛りだくさん使用したカラフルなケーキが出来上がった。その後、ヤニック氏が紗栄子作のケーキを試食。「おいしい!」のお墨付きをもらった。

紗栄子はバレンタインの思い出について聞かれると「バレンタインが自分で盛り上がっていたのは中学生のとき。ずっと片思いをしていて、3年間同じ人に毎年渡して、想いを伝えていたんですがなかなか実らずで。でも3年目にしてやっとホワイトデーにいいお返事を頂けました」と自らの成功エピソードを明かした。

また、今年のバレンタインの予定を聞かれると「好きな人に…と言いたいところなんですが、予定がないのでスタッフさんとか、両親とか子供たちとか…。あとは自分に準備したいと思っています」と笑顔で答えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ