永田崇人、玉城裕規ら6名の俳優インタビューは共感度MAX

芸能総合 公開日:2019/01/30 6
この記事を
クリップ

社会現象を巻き起こし続ける「2.5次元」ジャンルを中心に幅広く活躍する6名の俳優の魅力を、ファン目線での文章に定評のある演劇ライター・横川良明が紹介する書籍「役者たちの現在地」(KADOKAWA)が本日1月30日に発売された。

掲載されるのは玉城裕規多和田任益永田崇人納谷健松田凌宮崎秋人(五十音順)という、著者が“今、最も会いたい”6人の役者たち。

著者自身がアートディレクション&写真セレクトも行った大ボリュームの撮り下ろしグラビアと、それぞれ1万3000字におよぶ共感度MAXのインタビューは必見だ。

本書を全国のアニメイトにてお買い上げの方には、誌面未公開カットを使用した生写真をランダムで1種プレゼントされる(絵柄は選べません)。





<LINE UP>

玉城裕規
玉城裕規が変幻自在なのは、ただストイックに「演じること」を突きつめ続けているから。尽きることのない向上心が、彼をエースにもジョーカーにもしてしまうのだろう--。

多和田任益
ずっと芝居は苦手だった。自分が芝居を楽しめる日が来るなんて想像さえしていなかった。そんなネガティブの塊が、今、芝居に夢中になっている--。

永田崇人
植物が、青空に向かってぐんぐんと茎を伸ばしていくような、そんな瑞々しさが、今、永田崇人にはつまっている--。

納谷健
ここで話した考えのいくつかは、1年後にはガラッと変わっているかもしれない。でも、それでいい。成長期の今この瞬間だから溢れ出た言葉を、ここにとどめてみたい--。

松田凌
1公演1公演の舞台を、これで朽ち果ててもいいと思えるぐらいに、本気で生きる。松田凌の役者としての姿勢は、この言葉に集約されている気がした--。

宮崎秋人
「役者という仕事は好きですか?」。そんな答えのわかり切った問いに、宮崎さんは迷う素振りも一切見せず、「好きです」と答えた--。

(本文より引用)



■「役者たちの現在地」
企画・取材:横川良明
発売日:2019/1/30
定価:本体1800円+税
発行:株式会社KADOKAWA
ページ数:144ページ
サイズ:B5正寸
ISBN978-4-04-735458-6

この記事の画像一覧 (全 7件)