武田玲奈主演 YouTubeドラマ「セレクト女子」、脳内バトルロワイヤルの醍醐味

芸能総合 公開日:2019/01/29 12
この記事を
クリップ
}/

今年は年初からTBS×Paraviスぺシャルドラマ「新しい王様」への出演が大きな話題となっている武田玲奈

そのあまりに気合の入った体当たり演技に関しては、第6話の放送内容が「過剰演出なのでは!?」と物議を醸してしまうほど。そんな2019年もロケットスタートとなっている武田玲奈が全く新しいコンセプトのYouTubeドラマ「セレクト女子~優柔不断な私にドロップキック~」で主演を務めるというので、早速直撃した。




―まずは「セレクト女子~優柔不断な私にドロップキック~」主演起用とのことでおめでとうございます。

武田

ありがとうございます!


―「セレクト女子~優柔不断な私にドロップキック~」は視聴者の選択でストーリー運びやエンディングが変わるという遊び心満載のドラマです。一般的な連続ドラマと比較して撮影の流れに違いなんかはありましたでしょうか。

武田

撮影方法自体は一緒なんですけども、凄く短いシーンがたくさんあるので、それを頭の中で整理するのが大変でした。色んなストーリーもあるので、それに合わせて心境も切り替えて行くという難しさがありました。せっかくなので全パターン見てほしいです(笑)


―早速ほとんどのパターン動画を拝見させていただきましたが、“一人芝居”パートが多いということで、演技や撮影は大変だったのではないでしょうか。

武田

監督やスタッフさんと、前のシーンがユーザーさんの選択でこう流れてきてるから、この気持ちの流れで今があるんだよという、「今」の状況確認や心境確認といった、すり合わせをシーン毎にしなければいけないのが大変でした!撮影順も実際は時間通りに流れているわけではなくて、バラバラなので。実際、自分が今どのシーンにいるのか気持ちの持って行きどころがわからなくて、迷っちゃったりもしました(笑)


―劇中では喜怒哀楽といった感情たちの脳内バトルロワイヤルが印象的でもありますが、武田さんはご自身の感情の中で一番“強い”印象のある感情は何になりますか?

武田

「喜び」と「不安」ですね。基本的にポジティブシンキングなので、「喜び」が強いんですけど、人見知りなので「不安」が出てきちゃったりするんですよ。


―逆に一番“弱い”印象の感情は何になりますでしょうか。

武田

「怒り」ですね。全く表に出さないので。たまには怒ることもあるんですけど、劇中みたいにあそこまで爆発的には怒れないですね。


―そうなると女優さんとして怒る演技の時なんかは大変だったりしませんか?

武田

大変です!本来の私自身があまり出さないので。なので、逆に出していこうって思いました。普段から(笑)


―それでは最後になりますが、「セレクト女子~優柔不断な私にドロップキック~」で武田さんイチオシのシーンやドラマの楽しみ方などあれば教えてください。

武田

楽しみ方はやっぱり、色んな選択肢を巡るということに尽きるかと思います。色んなストーリーを出来れば全部楽しんで頂きたいです。バッドエンドともハッピーエンドとも言えない、なんだかもやもやしたまま終わるエンディングのものもあるので、新しい面白さがあるかと思います。


―確かに予想外のエンディングにたどりついて驚かされてしまいました。

武田

第2シーズンに繋げられるような流れのエンディングもあるので、色々期待して楽しんで頂ければ幸いです。




この記事の画像一覧

関連タグ