TEAM NACSを総力特集、大泉洋は本音を吐露

芸能総合 公開日:2019/01/22 6
この記事を
クリップ

北海道出身の多才な5人からなる大人気演劇ユニット、TEAM NACS森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真)が「デジタルTVガイド TEAM NACS大解剖号」(1/24発売・東京ニュース通信社刊)の表紙に登場する。




彼らの本拠地、北海道・札幌で行った本誌独占となる巻頭インタビューでは、5人そろって出演する唯一の番組「ハナタレナックス」全国放送の見どころをはじめ、深い北海道愛、各個人の2019年の抱負まで、5人がじっくりと語り尽くす。大泉洋が「番組のロケではみんな文句ばっか言ってるけど、すごく楽しんでますから(笑)」と本音を吐露すれば、安田顕が「僕らのリラックスした雰囲気を楽しんでほしい」と真面目に語るなど、ここでしか読めない貴重なエピソード、楽しい掛け合いが盛りだくさん。

グラビアでは、そんな5人の仲の良さや多彩な個性、強い絆があふれ出るカットを多数掲載。さらに、続く特集「TEAM NACS大解剖!」では、実力派演劇ユニットとしてのチームの足跡をひもとくとともに、 映画、ドラマ、バラエティーと縦横無尽に活躍するメンバーそれぞれの魅力を徹底解説。「ハナタレナックス」全国放送のロケに張り付いた爆笑密着リポートなど、全9ページの大ボリュームでTEAM NACSを総力特集する。

そのほか、特集「『いだてん』をもっと楽しむ5大ポイント」では、綾瀬はるかのスペシャルインタビューや特大関係図、制作統括への取材などで、話題の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」を徹底分析。「メゾン・ド・ポリス」「刑事ゼロ」「私のおじさん」など、キュートな“おじさん”が大活躍する10大ドラマの見どころの詳細な解説、20年ぶりの新作「劇場版シティーハンター」と50年ぶりのアニメ化「どろろ」をはじめ、大人も楽しめるアニメ8作品の魅力を掘り下げる特集など、さまざまな企画が掲載だ。

インタビューには、高橋一生、常盤貴子&小泉孝太郎&唐沢寿明、沢村一樹&瀧本美織、山下智久、込山榛香、神木隆之介&有村架純、米倉涼子、野村忠宏&髙橋大輔、山本耕史&渡辺麻友、瑛太&橋爪功、桜井日奈子、佐野勇斗&本郷奏多、あいみょん、杉野遥亮、祭nine.ほか豪華な面々が多数登場する。


■デジタルTVガイド 2019年3月号
発売日:2019年1月24日(木)※一部、発売日が異なる地域あり
特別定価:430円
株式会社東京ニュース通信社刊