星野源、歴史あるファッション誌「装苑」で史上初の男性単独表紙を飾る 

芸能総合 公開日:2019/01/18 7
この記事を
クリップ
}/

2018年12月19日に発売されたニューアルバム『POP VIRUS』がオリコン週間アルバムランキング、Billboard Japan Hot Albumsで4週連続1位を獲得するなど大ヒットを記録している星野源




2月からスタートする5大ドームツアーを控え、引き続き大きな注目を集める中、1月28日(月)に発売されるファッション誌「装苑」(3月号)の表紙に登場する。「クリエイターのアイデアを可視化する」をテーマに想像力を掻き立てる企画の特集号で、表紙ならびにその巻頭企画で、星野源が登場。アルバム『POP VIRUS』はもちろん、彼のCDや映像作品のアートディレクションを数々手がけており、「装苑」で連載も持っている吉田ユニのアートワークによる、<POP VIRUSの可視化>と題した企画となっており、ほかではなかなか見ることができないビジュアルに仕上がっている。


また、星野源と吉田ユニによる、CDジャケットやミュージックビデオにまつわる対談も掲載されており、各作品のビジュアル/アートワークへのこだわりなど、こちらも興味深い内容。


「装苑」において男性単独表紙は1936年1月の創刊以来、83年目にして初ということもあり、こちらも大きな話題となりそうだ。


【雑誌情報】

「装苑」3月号

特集「クリエイターのアイデアを可視化する」

2019年1月28日(月)発売

この記事の画像一覧

関連タグ