【インタビュー】大原優乃「挑戦することを恐れずに楽しめたら最強」

芸能総合 公開日:2019/01/16 15
この記事を
クリップ
}/

「Dream5」活動終了後の2017年にグラビアデビューを果たすと、瞬く間にブレイク。ファースト写真集「ゆうのだけ」(集英社)はAmazonランキング1位を獲得するなど注目度バツグンの大原優乃

2019年は年初から日本テレビ日曜ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」への出演が話題になるなど好スタート。そんな大原優乃さんの2019年を直撃した。




―2018年は雑誌の表紙を最も飾ったタレントの一人となりましたが、ご自身で1年を振り返っていかがでしたか?

大原

2018年の目標が「色んなことにチャレンジする年にしたい」というものだったので、スタッフさんの尽力もあり有言実行できた一年になったと思います。応援してくださる方がいるからこそ、様々な雑誌の表紙を速いスピードで飾らせて頂けてもいますので感謝の気持ちでいっぱいです。グラビアを始めた1年半前の私が想像できないほどの素晴らしい環境に置かれていることも日々痛感しているので、今年も皆さんに見ていただけるような、実力や魅力を追求していきたいです。


―2019年は年初から「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」への出演が話題になっていますが、お芝居をする大原さん、女優としての大原さんはどんな成長をしていきたいですか?

大原

今年の目標は「よりお芝居に触れる一年にしたい」というもので、年初から連続ドラマに初挑戦させて頂き、現場のことを一から学ばせて頂いている最中です。先輩やスタッフさんを近くでみながら日々楽しく、後悔なんかもしながら毎日毎日色んな感情と向き合って頑張っています。この新鮮な日々を経験して「挑戦することを恐れずに楽しめたら最強だな」って思っています。私はすごく“気にしい”だったり、考えすぎちゃう性格なところもあるので、自分を強くもっていけるように成長出来たらと思っています。


―ドラマや映画の撮影はいかがですか?現場で印象的なエピソードや出来事があれば教えてください。

大原

お話がすごく心が苦しくなるようなヒューマンストーリなので、カットがかかっても涙が止まらなかったり、震えが止まらなかったりするんです。そんな切り替えができない自分が初めてというほど、主演の菅田将暉さん演じる先生のパワーが凄いです。生徒のみんなも、そこに向かって一人ひとりが「負けないぞ!」という思いでやっているので、空気感がすごく刺激的です。なんだか、この調子で撮影もあっという間に終わっちゃうんだなと思うと、今から寂しいです(笑)


―また年初はエイベックス・マネジメント初の試みとして晴れ着撮影会が行われましたが、イベントの感想や晴れ着の着心地はいかがでしたか?

大原

人生初の晴れ着だったんですが、一番着てみたかった色が緑だったので、今回緑を着ることが出来てすごく嬉しかったです。同じ事務所でもなかなか同年代のみなさんと一緒にお仕事をさせて頂く機会って無くて、こうやって一つのグループのように出させて頂いたのは嬉しかったですし、あの場にいれたことを誇りに思います。


―絵馬には「よりお芝居に触れる一年になりますように」とありましたが、どのようなお芝居で成長して行きたいですか?

大原

「3年A組」で言うと、私の演じる辻本佑香は波風立つことが嫌いなキャラ「普通が大好きガール」なので、発言する時の気持ちも、一つの動作をする時にも「誰かにみられたくない」という思いが強いので、その点の難しさと面白さがあります。それでも10日間監禁されて、先生のメッセージを強く受け取って変わっていきます。それに合わせて私もどう変わっていけるのか、そこが楽しみです。私もまだ4話分までしか台本もらっていないので(笑)


―年初は「お芝居」スタートとなります。ファンとしてはグラビアへの意気込みも気になってしまいますが、いかがでしょう?

大原

グラビアも求めていただける限り全力でやらせて頂きたいなと思っています!やっぱりここまで私を連れてきてくれたのはグラビアなので。この「グラビアへの感謝」を一番忘れたくないなと思っています。今は19歳という大人でも子供でもない“間(はざま)”にいるので、グラビアではこの“間(はざま)”を面白く撮っていただけるのではという期待もあります。今年ももちろんグラビアやっていきます!


―それでは最後の質問になりますが、2019年の大原さん、ご自身の「ここを見てほしい」というポイントを是非おしえてください。

大原

私の活動や姿勢を見て、見る人に対して「これをやりたいんだろうな」と伝えられる人間でいたいなと思います。やっぱりお仕事をしていると、お仕事の自分になりがちなので、「人間味のある人」でいたいなと思っています。2019年は、是非この点を見ていていただきたいです。

この記事の画像一覧

関連タグ