滝沢秀明、事実上これが最後のテレビ誌表紙

芸能総合 公開日:2018/12/26 8
この記事を
クリップ

'18年内をもって芸能生活に幕をおろす滝沢秀明が、12月26日発売「TVガイド新春特大号」(東京通信社)の表紙に登場。引退を前に、事実上、今回が最後のテレビ誌表紙となる。




タッキー&翼のベストアルバムが発売され、出演する「8時だJ」(テレビ朝日系※)、「ジャニーズカウントダウン」(フジテレビ系※)の放送が目前に迫った今、ともに一時代を築き、同じ時代を駆け抜けた仲間に向けて、そして新たな時代を託す後輩たちに向けて、滝沢が思いを明かす。

“ジャニーズJr.黄金期”と呼ばれた10代を振り返るなかで、当時は「“みんなでひとつのブランドを作ろうぜ”というハングリー精神が強くて、ライバル意識より団結力。がむしゃらで、子供ながらに“世の中に出て行く”感覚を肌で感じていた」と回想。「バックダンサーだったJr.が前に出るという、今までにない現象が起きた」と、メインで番組に出たことが、いかに画期的だったかを語った。

そんな自他ともに認める“黄金期”を経験したからこそ、「そういう時代をもう一度絶対に作りたい」との思いが滝沢にはあるという。「厳しいかもしれないけど、今は決して黄金期とは言えない。今のJr.はもっとすごいことができると思うし、やらなきゃいけない。全然満足できない」とコメント。

表に立つ、立たないは関係なく「時代を作る」ために、嵐は嵐、関ジャニ∞は関ジャニ∞、それぞれの立場でできることをやればいいと持論を展開。退所する今井翼についても「勇気ある決断だった。応援するべきだと思う」と理解を示した。

その先輩の思いを受け、ジャニーズJr.からSixTONES、Snow Man、Travis Japanの3グループが集結。彼らが見てきた滝沢の背中、滝沢から学んだことを、グループの垣根を越えて語り合う。さまざまなエピソードが飛び交うなかには、「人のキャラを見いだす天才」(田中樹)「意欲を持たせるのが好き」(佐久間大介)といった、後輩目線で語られる滝沢の印象も。“滝沢イズム”を受け継ぐジャニーズの一員として「俺たちも満足していない」(ジェシー)、「これで終わらないし、終われない」(森本慎太郎)と決意を新たにした。

ほか、嵐のグラビアや連載など8ページに及ぶ巻頭特集、ジャニーズJr.8組49人の“干支グラビア”、年末&お正月の日めくり特番ガイドも掲載。

※12/29(土)「テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ」
※12/31(月)「ジャニーズカウントダウン2018-2019 平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送」

「TVガイド新春特大号(2019年1月11日号)」 
発行地域:関東版/関西版/中部版/北海道・青森版/岩手・秋田・山形版/岡山・香川・愛媛・高知版/鹿児島・宮崎・大分版/宮城・福島版/長野・新潟版/静岡版/石川・富山・福井版/広島・島根・鳥取・山口東版/福岡・佐賀・山口西版/長崎・熊本版
発売日:12月26日(水)※一部発売日が異なる地域がございます
特別定価:430円
表紙:滝沢秀明