JRA CMシリーズに中川大志&葵わかな新加入、高畑充希&柳楽優弥は2人の若さに羨望

芸能総合 公開日:2018/12/25 9
この記事を
クリップ
}/

「2019年 JRA 新CM発表会」が25日、都内で行われ、高畑充希柳楽優弥中川大志葵わかなが出席した。

同新CMは、「HOT HOLIDAYS!ケイバ場が、あるじゃない?」をキャッチコピーに、引き続き世の中の競馬未経験の若者たちをメインターゲットに、彼らにとって競馬がアツく楽しい休日の過ごし方となるように、競馬を楽しむ上で超基本的知識の紹介や競馬場の楽しみ方の提案をコンセプトとしたユーモラスなストーリーを展開。2018年に引き続き年間プロモーションキャラクターを務める高畑、柳楽、松坂桃李、土屋太鳳に加え、2019年より新たに年間プロモーションキャラクターに起用された中川、葵が登場する。




そんな新キャラクター2人がステージに登場する前に、2人の印象を聞かれた柳楽は「目がキラキラしている。桃李君と僕は30近いので『僕たちにはないね』って2人で話しちゃうくらい目がキラキラしています」と紹介し、高畑は「女の子ももちろん、男の子も可愛いです!フレッシュさに溢れていて果汁が出そうな感じ。私たちは渇いちゃってるなと思って頑張ろうって反省しました(笑)」とコメントして笑いを誘った。

そしてステージに呼び込まれた新キャラクター2人は、同CMシリーズへの出演が決まった際の心境を聞かれると、中川は「2年間テレビで見ていたお馴染みの皆さんの中に、まさか自分が入れるとは夢にも思っていなかったので、撮影の初日に皆さんとカメラの前に立ったときは緊張しましたし、“いつも見ていたあのCMの世界だ”って思って嬉しかったですね」と目を輝かせ、葵は「4人の世界観が出来上がっていたので、その4人に新しく加わるのが不思議な感じがしてドキドキしましたね。私も緊張しました。皆さんと現実で仲良くなれるかもドキドキでしたし、CMの中でキャラクターとして入ったときに異物感みたいなものがあったら嫌だなあと思っていたんですけど、撮影をしていると楽しさとか面白さとか、競馬場すごいって思うようになって、頭に中でテーマソングがずっと流れていました」と笑顔を見せた。

さらに、来年の目標を漢字1文字で表現する企画も行われ、“風”と書いた葵は「来年の目標は風邪を引かないことで、健康になろうと頑張っているんですけど、絶対年に1回は風邪を引いちゃうんです。来年こそは1回も風邪を引かずに元気に過ごしたいなって思っていますし、早そう感じがするのもいいのかなあと思って、風が吹く1年になりますようにってことで風にしました」と気合を入れ、“健”と書いた中川は「まさかのちょっと被るという…(笑)。僕も健康に行きたいなと思いまして今年の下半期は月1で風邪を引きまして、ちょっとヤバいなと思ったので、来年は食生活とか、睡眠のサイクルとか、1年元気に過ごしたいな。果汁が出せるように元気に頑張りたいです」とにっこり。

“走”と書いた柳楽は「来年は主演作とかが続くので、しっかりと馬のように走り抜けたいなと思います」と力を込め、“緩”と書いた高畑は「今年の下半期に走りすぎたなと思ったので、来年はゆるっと力を抜いて自分の好きな時間もたっぷり持ちながら、ペースを自分の中で緩めに設定して、頑張りすぎない1年にしたいです」と語った。