木村拓哉 私服コーデで「anan」に登場、長年の愛用品を披露

芸能総合 公開日:2018/12/25 10
この記事を
クリップ

俳優の木村拓哉が、女性グラビア週刊誌「anan」2019年1月9日(水)発売・2134号の表紙とグラビアページに登場する。「平成」を振り返りつつ、次の時代にも引き継ぎたい文化を紹介する「平成!LOVE」特集にあわせ、私物のデニムやブーツと、長年の愛用品とともに登場し、「平成」について語った。




これぞ、珠玉のエンターテインメント!な、主演映画「マスカレード・ホテル」の公開を2019年1月18日に控える木村拓哉。<パーマネントな人。パーマネントなもの。>をテーマに、愛用のデニムやブーツ、シルバーアクセサリー…といった木村のこだわりの品を披露。インタビューでは、こだわりのアイテムに対する思いを語ってくれた。

今回のグラビアでは、当日木村が撮影スタジオに着ていた私服コーデで、そのまま撮影するカットも。8年前に木村が、“背伸びして”購入したという、とっておきのブーツにまつわる話も登場。自身を支える、自分にとっての“パーマネント”を語ったインタビューも必見。“ザ・木村拓哉”のファッション、そして、時代のアイコンとしてのかっこよさを追求する。


木村拓哉コメント
「同じものをつけることで、心が落ち着いたり、安心感がもらえたり…。それって人も同じ。ずっと変わらない人たちに会うと非常に安心します。そういう存在がいることで、自分もパーマネントな感覚でいられるのかもしれません」

「平成」の30年間に流行ったファッションや話題になったドラマ、音楽、笑い、グルメなどを、社会学者・古市憲寿や、乃木坂46高山一実けやき坂46、東京ポッド許可局、岡崎体育阿佐ヶ谷姉妹らがプレイバック。いま楽しみたい、これから楽しみたい、「平成」を紹介する。

好評の『ヒプノシスマイク』特集はvol.2として、ヨコハマ・ディビジョンが登場。MAD TRIGGER CREW3名の特別ステッカーの付録つき。

今号の、その時々の話題の方に接近するページ<Close Up>には、TVドラマ「科捜研の男」に主演の関ジャニ∞錦戸亮、「ジャニーズ King & Prince アイランド」に出演中のTravis Japanも登場する。


『anan』No.2134(2019年1月9日発売) Ⓒマガジンハウス