梅田彩佳、念願の写真集「おしりをいっぱい見て欲しい」、指原卒業にも言及

芸能総合 公開日:2018/12/16 18
この記事を
クリップ
}/

AKB48 2期生として加入、のちにNMB48へと移籍し、2016年に卒業した”うめちゃん”こと梅田彩佳が、念願のファースト写真集『Last of Summer』(ワニブックス)を発売。記念のイベントが新宿・福家書店で開催され、大勢のファンが集結した。

48グループ時代はグラビア媒体への露出をあまりしてこなかった彼女。 29 歳になった現在のうめちゃんはこんなにも”グラビア映え”する大人のカラダへと成長した。




20代最後となる齢に、沖縄と東京で撮影された記念すべき写真集は、色香溢れる今現在のうめちゃんを真正面からとらえた。沖縄では湿度を感じさせるしっとりとしたセクシーさとノーブルな佇まいを、東京では「うめちゃん」らしい気取らない表情をたくさん収めた。思わず触れたくなる、丸みを帯びた美しいヒップラインも見応えアリ。鍛えあげられた肉体美を惜しげもなく披露している。 

出来上がった写真集を手にしながら「ずっと48グループにいたときから写真集を出すのが夢だったんです。もう出せないかなあって思ってたし、AKB48のときはグラビア系の子じゃなかったので、なかなか難しいかなと思ってたんですけど、こうやってひとつの夢が叶って本当に嬉しかったです。」と感激もひとしおの様子。

実際観てみて「わたし、キレイじゃん。って思いました」と笑顔で答えるのも頷ける、撮影までの苦労を話した梅田。「今回おしりをいっぱい見せたくて、週2、3回くらいずっとトレーニングしていて、もうおしりで70kg持てるくらいすっごい鍛えました。写真集のために1,2か月はこれまでにないくらい超頑張りました!私の生きてきた29年間でいちばんキレイなカラダだと思います」とストイックに自分を追い詰めたという。

撮影の初日はかなり緊張したらしく「撮影開始は東京からだったんですが、最初タンクトップに短パンで撮ってたんですけど、カメラマンさんに”じゃあ、ショーパンとタンクトップ脱いでみようか”って言われたときに、今までグラビアに慣れてない分”恥ずかしっ!”って思って、すごいドキドキしちゃいました。でも恥ずかしかったのは1日目くらいで、それ以降は”どんどん脱ぎたい脱ぎたい”に変わって行きました」とノリノリの撮影を振り返った。またお気に入りカットに選んだのは、黒の下着姿で鍛えられた締まったおしりを強調した写真。「私、あんまり色気がない、元気だねって言われ来たんですけど、ちょっとこれ観たら”その考えなくなるんじゃない”って思わせるほどパンチがあるかなと思ってこれにしました」とにっこり。

来月30歳になる梅田。誕生日は1989年1月3日で、実は希少な昭和64年生まれだ。そんな平成と共に歩んできた彼女が20代までにしておきたいことは「婚活」ときっぱり。「去年からの課題で、30代には結婚したい、今すぐしたいくらいです。がんばります」と力を込めた。

あのうめちゃんが写真集!?と思うファンやメンバー多いと思うが、20 代の様々な経験を経て熟成されたオンナの魅力を開放し、一冊丸々水着ばかり着ているそうなので、30 歳を迎える直前の「オトナうめちゃん」を収めた貴重な1冊を堪能してほしい。

15日卒業を発表した指原莉乃(5期生)について、 「びっくりしましたけど、さっしーはクリエイターなので、また卒業しても、どんなものを創ってくれるか楽しみで、応援してます。(アドバイスは)さっしーには何も言うことがない(笑)。いっぱいサプライズなことをしてくれると思います。さっしーは元々アイドルが好きだからいろんなプロデュースもして、秋元康さんみたいにもっともっとなってほしいです」とエールを贈った。

関連タグ