元乃木坂46若月佑美が齋藤飛鳥と共演「卒業したんだな」と実感したこととは?

芸能総合 公開日:2018/12/10 17
この記事を
クリップ
}/

ニュースサービス「LINE NEWS」において、2018年を彩る“話題の人”をLINE NEWSが独自の基準で選出・表彰する、NEWSの祭典 「NEWS AWARDS 2018」が10日、ザ・プリンスパークタワー東京で開催された。

当日は、LINE NEWSが選ぶ2018年を彩る”話題の人”として、「実業家・政治家」「アイドル」「文化人」 「アーティスト」「アスリート」「芸人」「俳優・女優」の7部門から、各部門1名の受賞者が発表された。




「アイドル部門」には乃木坂46 齋藤飛鳥、「芸人部門」くっきー(野性爆弾)、「文化人部門」福田雄一(代理出席・若月佑美)、アーティスト部門」DA PUMP、「アスリート部門」槙野智章、「俳優・女優部門」浜辺美波(ビデオメッセージ)、「実業家・政治家部門」前澤友作氏に、島村武志 LINE株式会社 上級執行役員 メディア担当からトロフィがそれぞれに贈られた。

トークセッションでは2018年を振り返った受賞者たち。「アイドル部門」で受賞した乃木坂46齋藤飛鳥は初主演映画「あの頃、君を追いかけた」 について「元々そんなにお芝居の経験があるわけではなかったので、本当に私でいいんですか?とスタッフさんに聞き回った記憶があります。この映画はもともと台湾などで人気がある作品だったので、プレッシャーみたいなものは多少あったのですが、みなさんに喜んでいただけて、私も得るものがたくさんあったので、すごく貴重ないい経験をさせていただきました」と話し、また、4日に乃木坂46を卒業した若月佑美は、グループを離れた心境について「最近までは全然感じてなかったんですけど、現乃木坂46メンバーの齋藤飛鳥ちゃんと、元乃木坂46の私が同じステージに立ったんですが、楽屋が別で用意されていて、もうグループの人じゃなくて、一人で頑張っていかなきゃいけないんだなあって、今日感じましたね」としみじみ実感が沸いたと話した。

今後の抱負について齋藤は「今年乃木坂46は、若月をはじめ、卒業していくメンバーが少し多かったので寂しい思いもありつつ、旅立っていくメンバー行くメンバーの背中を見て、残っている私たちがもっと頑張らなきゃという思いになったので、力を抜きつつ、楽しみながら来年も頑張って行けたらと思います」と話すと、若月は「乃木坂46を卒業して、初めて公の場に出るお仕事がこの代理という不思議な立ち位置からのスタートだったんですけれど、それが自分らしいなとも思いつつ、いつかは代理ではなく、自分の名前でこの賞をいただけるような女優さんになれるように来年1年、必死に頑張って行けたらなと思っております」と決意を新たにした。